ビルメンに高所作業はある?高所作業車がある現場も‥

高所作業車の特別教育を受講するだけで10m未満の高所作業車を運転することができます。私は電気屋時代に取得し、実際に高所作業車を操作して作業したこともありますが、ビルメンで使うかどうかと言えば微妙なところです。

ですが、もし使うとしたら「管球交換」や「安定器交換」が主な使いどころとなるでしょう。

高所作業の定義とは?

労働安全衛生法では、2m以上の高さで作業を行う場合は高所作業であると定義づけされています。足場の高さが2m以上ということですので、脚立によっては天板にのらなくても超えてしまう高さです。

高所作業車ならば、しっかりとした足場があるため、比較的安全に作業できるというわけですね。

1階付近は高天井

基本的には、1階前後(B1F~3Fくらい)の天井は高めな傾向にあります。受付的な場所があることが多く見栄えを良くするという意味と、構造的にも大き目の梁で支える必要があるためです。

そこらの照明は誰が替えているのでしょうか?ビルメン‥と思うかもしれませんが、実は、ビルメンじゃないこともあるんです。広い意味で言えばビルメンですが、常駐員じゃなくて、業者に依頼するという形を取っている場合があります。

もちろん、何かあったときのために高所作業車的なものは置いてはいるでしょうけど、危険作業ですし、リスクを冒してまでする仕事でもありません。

では高所作業車は使わない?

高所作業車の問題点は、たとえ10m未満でも特別教育を受けさせる必要があるという点です。

作業車自体は一度購入してしまえばしばらく使えますが、ビルメンは人の入れ替わりが激しい仕事ですので、来る人来る人に毎回特別教育を実施していたのではかなりの手間になってしまいます。どうせ頻繁に使うものでもないし、あんまりメリットがないんですよね。

高所作業車の代わりに、高所作業台や足場を組むなどの方法もあります。作業台ならば簡易的な説明会で可能。足場ならば業者に依頼するという形。

ちなみに、業者に依頼するとしても、高所作業車自体は業者に貸し出すなんてパターンもあります。持ってくるのは大変ですからね。

脚立作業・球替えだって安全ではない!

高所の話をしましたが、日常でビルメンが行う脚立作業だって安全とは言えません。本来は2名作業で、ヘルメットをしっかり被り、1名が足元を支える補助に入ることが推奨されているくらいです(‥ビルメンではそこまで毎回はしませんけどね!)。建設業とかだと常識的にやっているレベルの話ではありますが。

「球替え」とか、「蛍光灯交換」なんて、それこそ普通の一人暮らしや、仕事でも小規模事業所の総務担当者なら自分でやってたりする作業です。これを結構な割合を占める基本業務として行うわけですから、なんとも複雑な気持ちです。

しかし、脚立作業も一つ間違えば危険な作業です。その危険を自分たちが負っていると思えば、まあ意義としては悪くはありませんね。もちろん、「雑務の手間を省く」という意味が一番強いわけですが。

日常的に行う作業の中にこそ危険が潜んでいる場合も多いです。「ビルメンは楽」という先入観もあながち間違いではありませんが、基本業務である球替えも油断してはいけない作業ですよ!

関連記事

【建築・消防】天井が高いと何か良いことがある?設備的にはどうか

ビルメンになって良かったこと・悪かったこと

【所感】ビルメンを1年間やってみての感想

ビルメンの日常対応とは?よくある設備トラブルまとめ

常駐ビルメンに普通運転免許って必要?