【転職・就職】ビルメンに将来性はある?衣食住の「住」にあたる大切な仕事

AIやロボットの高性能化により、仕事が奪われるという話が多く出回っています。AI・ロボットの低価格化が進めば、どんな仕事であれ厳しい戦いを強いられます。関連記事も参照。

【AI】人工知能・ロボットの進化で仕事がなくなる?

では、ビルメンには将来性はあるのでしょうか?

仕事がなくなることはない

ビルメンは建物のメンテナンスをする仕事ですので、衣食住で言えば「住」にあたる大切な仕事です。家庭のDIYの延長とはいえ、大規模施設ではやることも理屈も大きく変わりますから、難易度も低い仕事とはいえません。

あくまで賃料の一環としての保守費用ですから、市場規模としては決して大きくはありませんが、建物の数だけ仕事が必要になるため、なくなることは考えづらい仕事です。不動産・建設業と並んで、安定した仕事が見込めるでしょう。

また、AIやロボットが登場するには、実際に従事している人の給料は決して高くない点が導入の足を引っ張ります。よほど安価にロボットが登場しない限り、監視業務や実作業を行う人手が必要になるわけで、ビルメンはしばらく安泰と言えます。

転職でも困らない

ビルメンの大きな利点の一つに、「転職が容易」というのがあります。仕事内容として大きく変わらないという点と、資格取得のしやすさから経験や知識が証明しやすいという点があります。

あくまで「経験」と「資格」が揃ってからの話。「資格」だけなら20代~40代の間にどこかで経験を積んでおきたいですし、「経験」だけなら電験あたりにも挑戦したい所です。しかし、これが揃ったとき転職は自由自在になります。

「嫌なら辞めれる」という点は強いです。人間関係の問題は、場所を変えれば簡単に解決したりしますからね。

ステップアップも狙える

ビルメンにもステップアップがあります。給料は高くない業界ですが、比較的給料の良い「系列系」ビルメンへの転職をすると、世代平均並みの給料がもらえる場合もあります。

系列系とは、ゼネコン系や鉄道系、不動産系など、「親会社がある」ビルメン会社。親会社のシステムを受け継ぎますので、休日も多く、ホワイト企業であることが多いです。

さらなるステップアップとしては、自社所有ビルの「設備担当者」として勤務する、いわゆる「自社ビルメン」。ある程度まだ若い人なら、ここを目指すのも良いかもしれませんね。少ないながら、求人もたまに見かけます。

系列系からのステップアップであれば、今勤めている親会社には行きにくいでしょうから、別の親会社を狙う形になるでしょう。30代前半までが理想。30代後半以降からであれば、ある程度責任者としての経験も欲しい所ではあります。

ステップアップが狙える資格については別記事参照。

【転職】ビルメンとしてステップアップするなら、資格は何が良い?やはり3種の神器‥?

まとめ~ビルメンに将来性はある!

あくまでステップアップまで視野に入れれば、将来性は十分にある仕事といえます。

しかし、「のんびり、まったり」が最大の魅力でもありますので、無理にステップアップとか狙う必要もないんですけどね。

どうするにしても、魅力的な仕事だと思います!

関連記事

【転職】ビルメンとしてステップアップするなら、資格は何が良い?やはり3種の神器‥?

【AI】人工知能・ロボットの進化で仕事がなくなる?

ビルメンになって良かったこと・悪かったこと

ビルメンは結婚率が低い?独身ビルメンから見た結婚事情

【副業】ビルメンと副業~時間があることを活かせるか