弱電の基本資格!工事担任者について

弱電設備は、主に外線・内線の電話回線とインターネット等の通信回線があります。
これらの設備の接続・配線工事を行うのが、電気通信の「工事担任者」です。略して工担とも呼ばれますが、何の資格かわかりづらいため、人に説明するときには「電話の」とか、「電気通信の」とかを頭につけるのが普通。

試験種別について

AI第1~3種、DD第1~3種、AI・DD総合種があります。AI(アナログ)は電話回線、DD(デジタル)はネット回線と思っておけば大丈夫です。
回線数や通信速度によって第1種~第3種まで種別が分かれています。総合種は全ての設備を扱えるので、いきなりこちらから取っても良いです。AI第1種とDD第1種を持っていれば申請で総合種を入手可能。
それぞれ第3種から順番にとって合格お祝い金で稼ぐ、という人もいます。

情報処理資格とも関連アリ

通信系の資格ですが、情報処理資格の「基本情報技術者」も多少関連があります。
基礎的な理論は共通しているため、並行して勉強するのも良いかもしれません。
工担は5月と11月に試験があり、基本情報は4月と10月に試験なので、ちょうど似た時期に勉強しやすいです。

科目合格制度がある

「基礎」「技術」「法規」の3科目です。電気通信主任技術者を先に取得済みなら「基礎」と「法規」が免除されますが、一般的には工担を先に受験する感じですね。
解答はマークシート方式で、科目合格制度がある上、試験は年2回、比較的取得しやすい資格になります。
上位資格の電気通信主任技術者の取得まで目指していく場合は、参考書からしっかり勉強しましょう。過去問の反復でも、合格自体は可能です。

弱電の知識付けに!

弱電設備の基礎となる資格ですので、できれば持っておきたい資格です。電工・電験と取得して強電は得意でも弱電はサッパリ、とはなりたくない所。
電気を強みとしたい方は、知識強化としてこの資格は有効になります。ぜひ取得しておきましょう!

関連記事

電気通信主任技術者について

基本情報技術者について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です