【勉強】資格取得計画は臨機応変に!

計画を立てるのは好きでしょうか?私は好きです。合格までに必要な勉強時間を計算して、それに沿って受験日までの勉強スケジュールを立てる。資格取得の最大の楽しさは計画にある、といっても過言ではないかもしれません。しかし、無理なスケジュールを立て、それを実行できないことによって受験自体を中止してしまっては本末転倒です。

ノルマは少な目に!

例えば空き時間を有効活用する場合、「空き時間の全て」を勉強時間に計算してしまうと、ちょっと辛いです。電車での通勤時間、仮に電子書籍で勉強するとして、毎日1時間きっちり勉強できるでしょうか?雨や遅延で満員のときは厳しいですし、仕事で疲れているときもあります。+αくらいに考えておくほうが良いです。
平日も睡眠時間を大幅に削ると、仕事に影響が出ます。結果的に合格しても、「仕事をおろそかにして合格した」という評判が立ち、あまりよろしくありません。毎日負担にならない程度の勉強時間に設定しておくほうが良いです。

スケジュールは臨機応変に!

例えば、参考書や問題集をやってみて、「これは合格には必要なさそうだな」と思うこともあるでしょう。その時は、思い切って勉強スケジュールを削減し、過去問の分量を増やすなど臨機応変にした方が良いです。結果的に、勉強時間が削減できることもあります。
あるいは「計画を立てない」という方が良いと思う人もいるかもしれませんが、受験日当日まで間に合うのか不安になるかもしれません。安心して受験日が迎えられるように、ある程度計画を立てておくほうがオススメです。

準備8割!本番2割!

「準備8割」なんて言葉は良く聴くと思います。この「準備」にあたるのは、資格試験では試験の申込と受験票の準備+会場に行く事、そしてなりより「勉強計画」です。
しっかりした勉強計画を立てさえすれば、時間がかかっても合格に確実に近づくことができます。それに、どんな風に勉強していくかを考えたり、参考書や問題集を選んでいるときは結構楽しいですよ。
準備8割!勉強は計画的に!

関連記事

【勉強】本を読むときは机で?それとも‥

【勉強】学校で学んだことは、社会に出て役に立つのか

広告
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です