転職・就職にオススメな資格ベスト5!

資格取得の目的は、知識を付けるため、実際に選任されたいため、資格手当による年収アップなどがあると思いますが、一番大きなウェイトを占めるのが「転職・就職に強くなる」という点ではないでしょうか。仮に会社を辞めざるを得ない状況になっても、再就職しやすくなるという点は気持ち的にかなり楽になります。
そこで、転職・就職にオススメの資格を5つに絞ってランキング形式で紹介したいと思います。このブログの性質上、あくまで、ビルメン関連資格が多めですけどね。

5位~消防設備士

まずは消防設備士を推します。感知器や受信機がメインの4類、消火器がメインの6類が特にオススメ。
必要とされる業種は、施工管理系全般(建築なら甲5類、空調・衛生なら甲1~3類・乙6類、電気なら甲4類・乙7類)。保守管理系なら乙類で良いです。
もちろん、一般テナントの総務担当者としても取得しておいて損はない資格ですので、その他の業種でもアピールの一つになります。消防・防災関連は結構大きなウェイトを占めますからね。

4位~危険物取扱者乙4類

こちらも消防・防災関連。ガソリンスタンドに必要な資格として有名ですね。いざとなればバイトとして働き口が確保しやすいため、受験者も多いです。
もちろん、正社員への転職・就職にも有用です。主に設備常駐員で使用する資格になります。大きなビルでは必ず非常用発電機があり、燃料として貯蔵している重油の量が危険物取扱者が必要な量に達している場合があるからです。
資格自体の難易度が低い点も魅力。簡単に履歴書を補強できる資格ですし、短期間で資格を取るならば特にオススメの資格です。

3位~宅地建物取引士

不動産関連の資格です。契約や民法などの知識が付くことから、一般教養として評価してくれる企業も多く、どの業種にも行きやすい万能資格です。当ブログではビルメン関連資格をメインで紹介していますが、それ以外の業種ではこちらが特にオススメ。新卒で何か資格を取るなら英語系か簿記系か宅建士か、くらいの有用度だと思います。
ビルメンというより、ビルマネで使用することが多い資格です。ビルメンもビルマネ的な業務を行ったり、関連会社のビルマネに出向する、なんてこともありますので、取っておいて損はありません。

2位~第2種電気工事士

電気系資格の登竜門。施工系の資格です。ビルメン4点セットの代表的資格としても有名ですね。
実は、家庭の電気工事にはこの資格が必要になります。勝手に無免許で電気工事してはダメなんです!合法的に家の電気工事ができるようになるため、家族からも重宝される資格となります。
もちろん、転職・就職にも有利。名称そのものの電気工事士としても、施工管理としても、設備管理としても有用です。ビルメン4点セットとしてどれか一つを取得するのならば、この2種電工一択でしょう。難易度の割に、結構評価してもらえる資格です。
ただし、技能試験がありますので、不器用な方は簡単には取得しづらいです。ネットなどで材料を揃え、しっかりと練習を積んでおく必要があります(所要時間自体は筆記含めて100時間に満たないですが)。

1位~第3種電気主任技術者

電力会社、電源開発会社、電気系メーカー、ゼネコン、電気系サブコン、不動産会社、ビルマネ、ビルメンなど、電気が絡む幅広い業種に必要とされる資格です。
「施工管理用途」か「保守管理用途」がメインとなりますが、知識検定的な用途としても評価してくれる会社も多いです。電気主任技術者試験、略して「電験」ですが、「電検」と書く人も多いのは、知識検定的用途(電気検定)として使用している人も多いからですね。
ビルメンでは、電験3種は花形資格。選任されなくとも、資格を所持しているだけで一目置かれます。実際に電気主任技術者として選任されるのは首都圏では主に22kV以上で受電する中規模以上の現場となりますが、代務者を除けば主任技術者は一つの現場に1名だけですので、その現場では「唯一無二」の存在となります。
なぜ電験3種を1位に選んだかというと、合格時に有利になる点だけでなく、科目合格だけでも転職・就職に有利になるからです。実際に選任されると責任が重くなるという性質上、そもそも「受験しない」という人も多いんです。「取得の意思がある」ということを示すだけでも、有用ということですね。
転職・就職には3種で十分ですが、勉強が得意であれば電験2種まで取得を目指すことをお勧めします。当ブログにも試験対策をまとめていますので、よろしければご覧ください。

まとめ

基本的には、「手に職」といったような資格をメインで紹介しました。それほど幅広くなくとも、必ずどこかで必要とされる、といった資格。単に多くの企業で少しだけ評価される資格より、こういった資格の方が有用ではないでしょうか。
「ビルメン資格道」というブログ名通り、ビルメン関連資格が中心となってしまいましたが、それ以外の転職・就職を目指している方は「宅建士」が一番のオススメ。ビルメン関連ならば断トツで電験です。
ここで紹介した資格は、勉強時間に対しての費用対効果もかなり高いものばかりです。知識を付けるという意味でも有用ですので、余力があればぜひとも取得しておきましょう!

関連記事

電気のスペシャリスト!電験3種について

人生一発逆転!?電験2種について

電気資格の登竜門!第2種電気工事士について

資格と言えばコレ!宅地建物取引士について

簡単取得!?危険物取扱者乙4類について

ビルメンに必須!消防設備士について

仕事に資格は必要か~資格取得のメリット・デメリット

広告
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です