【転職】在職中に転職活動すべき?円満退職に向けて

転職には色々理由があると思います。労働環境が悪い。好きな仕事・向いている仕事ではない。ステップアップしたいなど。しかし、何も考えずに「なんとかなるだろう」と辞めてしまうと、焦って変な会社に再就職してしまうことになりかねません。では在職中に転職活動するべきなのでしょうか?

すぐに辞めてもなんとかなる

一般に3年以上勤めていれば、退職金が出ることが多いです。会社によっては、3年未満であってもちょっとした一時金を支払ってくれる場合も多く、有休の消化を合わせれば貯金がなくとも数か月程度ならなんとかしのげます。
また、失業保険という制度もあります。離職してから3か月ほどの待期期間が必要となりますが、今まで貰っていた給与の6割程度が半年ほど貰えるかなり助かる制度になっています。先ほどの退職金と合わせて、多少の貯金も含めれば、1年暮らすくらいは案外簡単であるということです。その間にしっかりと転職活動すれば良いです。

在職中の転職サイト利用

転職サイトには、当然ながら今勤めている会社も求人を出していますので、自分のアピール文を閲覧されていることになります。たとえブロック機能を使用した所で、一般的には「サブアカウント」を持っている企業が多いため、転職サイトに登録している社員はバレバレなのです。
しかし、これは何かデメリットになるでしょうか?辞めると決めたからには、会社に辞める意思があることを知られたところでさほど困りません。むしろ、オープンにしても良いくらいでしょう。場合によっては「転職しちゃいますよ!」というのを昇給などの材料に使う人もいますが、そういった効果でむしろ辞めるまでの期間が働きやすくなる可能性もあります。

有休がとれないと厳しいかも

ブラック企業から脱出、とかであれば、転職活動自体がしにくい可能性もあります。なぜなら、転職の面接といっても、やはり平日日中に開催される場合が多いからです。企業の役員クラスとも面談したりするのですから、当然と言えば当然です。有休が取れる会社なら何の問題もないのですが‥。
この場合は、前述のように「一旦辞めてしまう」という選択肢もアリだと思います。在職中に準備するべきは、「資格」。このブログでもいろいろな資格について紹介していますから、なにかの参考になるかもしれません。

円満退職に向けて

「円満退職」といいますが、普通に退職したらその時点で円満退職です。社会人として普通のことですので、別に胸を張って誇るほどのことではありません。しかし、転職が初めての場合は以下のことに気を付けましょう。

①引継ぎをしっかりする

自分の関連業務内容の引継ぎはもちろん、関係各所への後任の紹介もきっちり済ませましょう。若い時点での退職だと、この辺のボリュームは結構少ないかもしれません。

②やりっぱなしにしない

辞めるタイミングも重要です。年度末が繁忙期の会社で、繁忙期直前に逃げるように辞めるとどうでしょうか?そもそも、転職先でも疑問に思われるため、大きなマイナスポイントです。
大きなプロジェクトなどを任されていたなら、それが終了するまでは準備期間として転職活動を進める。時が来たらすぐに退職できるように、信頼できる人にも少し相談しておきましょう。

③やる気をみせる

これはパフォーマンスになります。ただでさえ、「転職する」という噂が広まれば、良く思わない人が出てきます。どこの会社にも必ずそういう人はいます。そこで、それ以外の人の中から味方を作っておくため、「やる気」を維持しておくことは大切です。
辞めるということはそれなりに理由がありますので、同情してくれる人もあらわれます。そういった人に助けてもらうことで、あるいは退職を告げてからの方が仕事がしやすくなる、なんて場合もあるかもしれませんね。「やっぱり辞めなくても良かったかな」と思ってしまう人もいるほど。

まとめ

転職活動を進めるうち、「今の環境も実は悪くないのかも‥」なんて結論にたどり着く場合もあります。問題の解決方法は、何も転職だけではありません。
しかし、どうしても転職したい場合は、しっかりと準備して円満に事を進めましょう。このブログは、準備段階の「資格取得」において力になれるかもしれません。一部の資格では詳細に試験対策について記述していますので、よろしければご覧ください!

関連記事

転職・就職にオススメな資格ベスト5!

仕事に資格は必要か~資格取得のメリット・デメリット

ビルメンは楽?待機時間と残業

ビルメンになって良かったこと・悪かったこと

広告
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です