電験2種一次試験対策

電験2種の一次試験は科目合格があります。3種と同じく、2年間合格が有効。3年かけて取れば良いことになります。
一次試験の合格は1年間留保され、二次試験に2回挑戦できる権利が獲得できます。

一次試験と二次試験の難易度

一次試験に一発で受からないようでは、二次試験は無理だ、と言う人もいます。
しかし、実際には、一次で何度もつまづいても、二次には一発で受かった、という人もいますので、「人それぞれ」です。
ただし、一般的には二次の方が遥かに難しいので、一次対策と並行して二次対策も行うのが基本になります。

各科目ごとの対策

①理論対策

数学は得意だったでしょうか。
多少でも得意だったら、いきなり過去問からで十分でしょう。
苦手な場合、一次試験で最難関の科目に変化します。
電気数学、電気回路、電磁気学、それぞれ1冊ずつ参考書を購入しましょう。
上記3冊をマスターすれば、理論科目は恐くありません。あとは問題をこなし、計算速度を上げるだけです!

②電力対策

電力の一次試験は、計算問題は少ないです。よって、二次試験の論説対策で一次試験の対策が可能です。エネ管を先に取得するのも有効。一応、仕上げとして過去問は解いてみましょう。

③機械対策

機械の一次試験は計算問題が少ないため、二次試験の対策はあまり一次対策には有効ではありません。なぜなら、機械の二次試験はほぼ全てが計算問題だからです。割り切って、一次の問題集を解きましょう。
機械が苦手だった場合、エネ管を先に取得するのも有効です。エネ管は電験2種の一次試験と出題の形式が似ており、かつ機械の割合が高いためです。

④法規対策

3種の時の対策と同じです。基本、問題集と過去問で対策です。一番簡単な科目ですが、その分、大学の電気科卒の人は案外落としやすかったりします。
暗記科目ですから、勉強自体は必須ですよ!

オススメ参考書・問題集

オススメ問題集は「テーマ別電験第1・2種一次試験過去問題集」。テーマ別なので、勉強する際に知識の整理がしやすいです。類似問題も多いことがよくわかります。
1種の問題も解けるのでお得です。

電気数学は以下の本が使いやすいです。

二次試験の勉強もしておこう

3種と同じく、合格のボーダーが下がることもありますので、一次の勉強はほどほどに二次の対策を始めておくことが大事です。下手したら、結局一次は何度も受け直しますので、自然と身に付きますしね。
まあ、皆さまはそうならないように願っております。。。

関連記事

人生一発逆転!?電験2種について

電験2種二次試験対策

電気のスペシャリスト!電験3種について

エネルギー管理士について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です