資格と言えばコレ!宅地建物取引士について

広告
 

受験者数20万を超える巨大資格。それが「宅地建物取引士」通称「宅建士」です。この資格名を出して、「なにその資格?」となることはまずないでしょう。あらゆる企業で評価される、超有名資格です。
学生でなにか資格を取るのであれば、TOEICか簿記か宅建士か、というくらいではないでしょうか。少し言い過ぎかもしれませんが。
職業訓練・支援でも、宅建士の取得を行うプログラムが数多く存在します。再就職にも抜群に強い、ということですね。

一応簡単に紹介します

有名資格ではありますが、意外とどんな資格か知らないという人もいるのではないでしょうか。そんな方のために簡単に紹介します。
宅建士は大体合格率15%前後の中程度の難易度。権利関係では契約や民法の基本的部分を、宅建業法では宅地建物取引に関する知識を、法令制限では都市計画法や建築基準法を、税法では各種税について出題されます。
基本的には、不動産の購入なんて人生に何度もするものではありません。あきらかに、売り手の方が知識も経験も豊富であり、消費者側が不利です。それを対等な取引とするために、専門知識を有する「宅建士」が重要事項説明をする義務があります。名目上は、買い手の味方になる人というわけですね。
とはいえ、宅建士は不動産業者側の人間ですから、法的に説明する必要のないことは当然説明しません。この資格で得られる知識を十分に身に着けておけば、自分が不動産を購入する際には、有利な条件で購入することが可能になるかも……?!

資格取得には講習が必要

試験に合格しただけでは宅建士として勤務することはできず、「実務講習」を受ける必要があります。また、資格が求める知識水準の維持として、5年おきに「法定講習」を受ける必要もあります。
単に知識検定としての用途だけで取った人は、講習を嫌って試験合格のみの状態の人も多いです。講習が必要な資格は宅建士以外にも多くありますし、もったいないと思うんですけどね~。

ビルメンに必要?

ビルメンに必要かと言えば、それほど必要な資格ではないでしょう。しかし、どの企業でも評価される資格ですので、ビルメンでも多少は評価されます。不動産→施工→保守という流れですから、保守や施工系の資格だけでなく不動産系の資格を持っていると若干ですが有利です。
宅建士を無事取得できたら、「管理業務主任者」という資格に手を出しても良いかもしれません。試験範囲は似ていますから、少ない勉強時間で取得が可能になります。
文系資格になりますので、文系でビルメンを目指す方は他の技術系資格を揃えるより先に宅建士や管業を取った方が効率が良いかもしれません。4点セットとかは就職後でも全然遅くありませんし、宅建士であれば他の職にも行くことが可能です。もちろん、理系の方も若干ハードルが高いですが有用です。まだビルメンに行くかどうか迷っている……という段階なら、下手な資格を取るよりこちらを取得しましょう。

関連記事

マンション管理に必須!管理業務主任者について

合格率一桁!マンション管理士について

広告
 

マンション管理に必須!管理業務主任者について

広告
 

不動産関連資格で有名なものとしては宅地建物取引士(通称:宅建士)があります。民法・契約に関することなど、一般常識として有用な知識を体系的に学べるので、多くの企業で評価される超有名資格です。
それに関連して、管理業務主任者という資格も存在しています。宅建士が不動産契約時の重要事項説明に必要な資格であるのに対して、管理業務主任者はマンション管理の前提となる管理受託契約の重要事項説明に必要となる資格です。宅建士と同じく、事業所ごとに一定数の資格者が要求されます。

マンション管理には必須

前述の通り、事業所ごとに一定数の資格者が要求されるため、需要のある資格です。ビルメンにおいて、オフィスビルや商業施設の管理だけでなくマンション管理も行っている会社も多くありますので、この資格の取得を推奨される場合もあるでしょう。
宅建士はその知名度もあって資格の用途以外の知識検定的な使い方も可能ですが、管理業務主任者はやはりその必要性を重視する方が良いでしょう。宅建士と試験範囲は結構被る部分もありますので、同時に勉強するのもアリです。

建築設備的な知識も要求される

管理業務主任者は、ボリュームは少ないながらも建築設備的な知識も要求されます。建物の契約から設備の保守管理まで一連の流れを学べるのは、結構貴重な資格かと思います。もちろん、民法や宅建業法からの出題もありますので、一般教養としても有用です。
設備的な面をもう少し強化した資格として「マンション管理士」もありますので、管業の取得後は受験を考えても良いかもしれません。管業の合格率は20%前後、マン管の合格率は10%を切るくらいなので、受験を目指す場合は宅建士・管業の両方を揃えてからの方が無難でしょう。
ビルメンとして、宅建士・管業・マン管のどれか一つだけ取るということであれば、この「管理業務主任者」の取得が良いかもしれません。ただし、マンション管理を一切行っていないビルメン会社もありますので、事前に確認しておきましょう。

関連記事

資格と言えばコレ!宅地建物取引士について

合格率一桁!マンション管理士について

広告
 

合格率一桁!マンション管理士について

広告
 

不動産関連のメジャーな資格に、宅地建物取引士・管理業務主任者・マンション管理士の3点がありますが、このうち最も合格率が低いのがマンション管理士です。
各資格とも被っている試験科目が多いため、宅建・管業を取得後に目指すべき資格です。

何ができる資格?

マンション管理士は「名称独占資格」です。「マンション管理士」と名乗ることが許される、ということですね。本来の用途としては、マンションの管理組合に対して、マンション管理に関する相談・助言・指導を「マンション管理士」として行うための、コンサルタント資格になります。宅建の万能性、管業の有用性に比べれば若干魅力の少ない資格です。
とはいえ、知識の証明として使う分にも有効でしょう。他の2つと比較すると、マンションの設備的な知識や、建築基準法や都市計画法等の建築的知識が多めに要求されるため、ビルメンとしては最も関連が深いと言えるかもしれません。特に、ビルメン関連資格には建築関連の知識が得られる資格が少ないため、ボリュームは少ないとはいえ体系的に学べるのは大きなメリットです。
マイナーな資格ではありますが、合格率の低さから、ある程度の評価ももらえる可能性はあります。オフィスビルや商業施設の管理だけでなく、マンション管理もやっている場合、取得が推奨されている場合もあるかもしれません。

先に宅建か管業を取ろう

宅建と管業の出題範囲と大きく被る部分がありますので、先にこの2つを取っておくと有利になるでしょう。特に管理業務主任者を取得していれば、マンション管理適正法の5問を免除することができます。
さらに、この2つは法的需要がある資格ですが、マンション管理士は業務に必須というわけではありません。必要性を感じてから取得を考えても遅くはないでしょう。

関連記事

資格と言えばコレ!宅地建物取引士について

マンション管理に必須!管理業務主任者について

 

広告