IT知識のさらなる強化に!応用情報技術者について

応用情報技術者は、略称AP。情報処理技術者試験のレベルでは、「レベル3」に相当します。
さらに上位の「レベル4」の前哨戦。一般には基本情報技術者の取得後、次の段階として目指す資格です。

どんな人が受ける試験?

学生の受験者が多めである基本情報技術者に対して、社会人の受験が多めになってきます。仕事で情報系知識を扱うプログラマ等であれば、さほど勉強は必要ありませんが、一般の人は結構な勉強量が必要です。通常、受験者は基本情報技術者を取得済みの方が多いです。

勉強方法は?

下位資格の基本情報の取得はもちろん、若干とはいえ関連がある工事担任者やその上位資格の電気通信主任技術者を先に取得しておくのも有効です。
関連資格を取得済みであれば、基本情報技術者と同じく午前本1冊と午後本1冊で合格可能。午前問題はやはり過去問の流用があるし、午後問題は選択問題であるため苦手な問題は避けることができます。得意問題だけ集中して勉強しておけば、比較的楽に合格することができるはず。
とはいえ範囲は広いですし、基本情報以上の勉強時間が必要になると思っていて間違いないです。

幅広いIT知識が身に付く!

基本的には情報系の技術知識が必要ですが、マネジメントや経営戦略など、ITに関連する幅広い知識が求められ、情報関連以外の職にも役立つ内容です。
もちろん、ビルメンが取得しても評価してくれる会社も存在しています。

高度試験の科目免除にも使える!

合格の日から2年間、高度情報処理技術者試験の午前の科目免除を受けることが可能。
高度試験が専門的な内容であるのに対し、応用情報はIT全般の幅広い知識が必要とされるため、知識の習得という面でも

基本情報→応用情報→高度試験

と段階を踏んでいくべきです。

IT知識の「応用力」の証明になる!

応用情報は、資格名に「応用」とついていることから、履歴書の見栄えはよくなります。
情報関連職以外でも、一般的なITスキル以上である、ということの証明になりますので一応有利になります。
また、社内で情報関連業務の新規担当者を探す場合、やはり資格が目安になりますし、資格の取得により配置換えもあり得ます。
ビルメンでは所持者が少ないですが、逆に言えば強みにもなる資格です。難易度は決して低くないですが、関連資格を取得し基礎を固めたら取得を考えても良いかもしれません。

関連記事

IT知識の強化に!基本情報技術者について

通信の電験!電気通信技術者について

弱電の基本資格!工事担任者について