上級救命技能認定講習について

広告
 

上級救命は、救急関連の資格です。
消防・救急はワンセットであり、どちらの一次対応も常駐設備員・常駐警備員の仕事です。
受講は強制されないかもしれませんが、実務では普通に傷病者対応もあるので、自主的にでも受講しておくと安心です。

上級は小児・幼児にも対応

「上級」の特徴としては、小児・幼児の救命処置の実習がある点です。
私が受講した際には、夫婦で来ている方もいました。おそらく、お子さんのための準備でしょう。
小児・幼児の救命処置の実習時間はそれほど長くはないのですが、成人の救命処置を数回やった後に行いますので、胸骨圧迫・人工呼吸の加減が体得できます。やるだけの価値はあると思います。

設備管理とは少し違うが・・

「設備管理」とは若干離れた資格ですが、「ビルメン」は救急活動も含む仕事です。
底辺と言われたりする仕事ですが、結構大切な役割を担っているのです。
また、実生活でも役立つ可能性のある、数少ない資格でもあります。
今の現場で受講が必須でなくても、自主的に受講してみると一つ成長できるかもしれません。

関連記事

防災センター要員・自衛消防業務講習

自衛消防技術認定試験について

防火・防災管理者について

広告
 

防火・防災管理者について

広告
 

防火管理者は、簡単に取れる有用資格として、結構有名なようです。
自衛消防業務講習と違い、小規模なテナントでも必要になる資格なので、講習だけで取れる割には、必要性は高い資格になります。

常駐設備員や常駐警備員に必要

常駐設備員と常駐警備員でも必要になってきます。
それは、自衛消防隊の隊長・副隊長は、防火・防災管理の取得者が推奨される、となっているからです。
オーナーとの契約次第では、受講が必須になります。

防火管理業務を代行する資格もある

防火管理業務自体を代行する場合、防火管理技能者という別の資格が必要になります。
防火管理技能者の受講資格自体は簡単に満たせますが、講習の修了考査内容が実務経験者向けのもので比較的難しいらしく、しばらくは実務経験を積んだ方が良いです。

取れる時に取っておこう

防火管理者の受講条件は、「現場で選任される予定の者」とされている場合があり、配属される現場が確定している必要があります。
もし、転職前に受講資格を満たしているなら、ぜひ受講しておきましょう。
ビルメン以外にも活かせる資格ですしね。

関連記事

防災センター要員・自衛消防業務講習

自衛消防技術認定試験について

上級救命技能認定講習について

広告
 

自衛消防技術認定試験について

広告
 

東京都では、自衛消防隊の中核要員は自衛消防技術認定証の所持者とすること、とされています。
この試験、地域限定のローカル試験とはいえ、学科+実技(機器操作など)がある、意外と本格的なものです。難易度は低いとはいえ、なめてかかると普通に落ちる試験です。

試験は問題集で対応可能だが‥

学科は、試験関連団体が出版しているテキスト+問題集で
十分に対応可能です。危険物乙4類や消防設備士をすでに持っているなら、かなり簡単に感じるはずです。
問題は実技です。要求されている操作自体は、かなり簡単なもので、問題集をやりこんでおけば十分に対応可能ではあるのですが、正直受験前は不安で仕方ないはずです。

そういう方は、先に防災センター要員・自衛消防業務講習を受講しておくと試験対策になります。
また、会社によっては自社で講習会をやってくれたりしますし、自衛消防対策用の講習もあります(お高いですけどね)。場合によっては、対策の講習代も会社が出してくれるかも。相談してみましょう。

東京勤務なら自費でも取得を!

この試験の内容は、消防設備士とは少し違った側面で消防設備を勉強できます。工事・点検等、維持・管理する側でなく、使用・停止等、設備の利用者側ですね。
消防設備はいざというときに使えてこそのものですから、この資格は結構重要になります。
前述したように、地域限定のローカル資格ではありますが、東京を勤務地とする予定の方は、たとえ自費でも取得する価値アリです!

関連記事

防災センター要員・自衛消防業務講習

防火・防災管理者について

上級救命技能認定講習について

広告
 

防災センター要員・自衛消防業務講習

広告
 

防災センター要員とは?

防災センター要員は東京都で行われている講習で、防災センターで監視盤の監視・操作を行うための資格を付与するものです。
防災センター要員は自衛消防技術認定証の取得者である必要もあり、これは今回の自衛消防業務講習とは別の資格です。

自衛消防業務講習とは?

自衛消防業務講習は、自衛消防隊の統括管理者や各対応班の班長に受講が推奨されている講習になります。
自衛消防技術認定試験と混同しやすいので注意しましょう。
自衛消防の試験の方は、自衛消防隊の中核要員となるための認定証が貰えます。

常駐設備員や常駐警備員に必要

どちらも、常駐設備員や常駐警備員に必須となる資格ですが、中には大規模テナントなど、一般の方も取得が必要となるので、結構予約がいっぱいです。しかも、東京都では2つの講習がワンセットで行われているので、なおさら混んでいます。

自衛消防技術認定試験の対策にもなる

自衛消防技術認定試験の前に受講しておけば試験対策になり得るのですが、予約が埋まっている関係上、この講習の受講はかなり遅れるはずです。
自衛消防の受験はこの講習受講後まで保留しておくというのも選択肢の一つではあります。

転職前に受講する講習ではない

受講料が高いですので、転職前に受講する講習ではありません。ビルメンに転職後、会社に出してもらいましょう。
これをもっておけば、実質タダで転職に有利な資格が増えるので、かなりお得です。
災害対策など、実生活を行う上でも勉強になる講習ですので、まじめに受講しましょう!

関連記事

自衛消防技術認定試験について

防火・防災管理者について

上級救命技能認定講習について

広告