4点セットの上位資格!第2種冷凍機械責任者について

広告
 

ビルメン4点セットの上位資格として、
①1種電工
②危険物甲種
③1級ボイラー・特級ボイラー
④2種冷凍・1種冷凍
以上があります。

このうち、2種冷凍と1種冷凍は、受験資格に実務経験は不要ですし、免許の交付制限もありません。
勉強さえしっかりすれば、転職前でも十分に取れる資格です。今回は2種冷凍について書きます。

どんな資格?

2種冷凍は、1日の冷凍能力が300t未満の設備の保安が行えます。第3種、第1種と同じく、選任には1年以上の実務経験が必要。

実際の設備は認定設備を用いているものや、臭化リチウムを冷媒とする吸収式冷凍機等、そもそも資格不要なものもありますので、この資格は知識検定的な使い方が主です。

勉強方法は参考書と過去問

1種冷凍と比較すると、参考書も多く勉強に困ることはありません。不安なら、「SIによる上級冷凍テキスト」を入手することで知識の強化が可能。この場合、全てを理解しようとせず、流し読みするくらいの気持ちで良いです。

仕上げは過去問5年分を2~3周すれば対策は十分といえるでしょう。

勉強時間を短縮したければ、講習受講という手もあります。
上位には1種冷凍がありますので、できればしっかり理解してから合格しておきたい所ではありますが、講習の方が要点を効率よく学べるはずです。

他の転職者と簡単に差が付く!

3種冷凍よりも上位ですので、ビルメン4点セットのみの方よりも転職時には優位に立つことができます。もちろん、資格手当も3種冷凍より高く設定されています。

3種冷凍から段階を踏んで取得しても良いですし、いきなり2種冷凍から取るのも一つの方法です。3種冷凍のテキストを見て、「簡単だな」と思ったら、2種冷凍の受験を検討しましょう。

認定設備の冷凍機でも、設備の変更などがあった時、一時的に資格者が必要になる場合もあり、より上位の資格者の確保が求められます。保険として、資格保有者がいるに越したことはないのです。

比較的規模の大きなビルでは3種冷凍では不足することが多いため、2種冷凍以上が取れるならば取っておくほうが良いですね。
意外と簡単に他の転職者と差を付けられる部分なので、結構、オススメの資格です。

関連記事

高評価!第1種冷凍機械責任者について

ビルメン4点セット~第3種冷凍機械責任者

広告
 

高評価!第1種冷凍機械責任者について

広告
 

ビルメン4点セットの上位資格として、
①1種電工
②危険物甲種
③1級ボイラー・特級ボイラー
④2種冷凍・1種冷凍
以上があります。

このうち、2種冷凍と1種冷凍は、受験資格に実務経験は不要ですし、免許の交付制限もありません。
勉強さえしっかりすれば、転職前でも十分に取れる資格です。今回は1種冷凍について書きます。

試験には記述式があるが‥

1種冷凍の試験は、学識・保安・法令の3科目あり、学識は記述式です。
記述式といっても、毎年ほぼ同じ傾向の問題が出題され、対策はしやすいです。
「SIによる上級冷凍テキスト」と過去問をしっかりやっておけば、問題なく受かる試験です。

とはいっても、この2つをしっかりと理解するには、100~150時間くらいかかってしまうと思われます。
計算が苦手な人はもっとかかるかもしれません。

勉強時間の短縮なら講習受講

勉強時間を短縮したいなら、講習による科目免除という手段もアリ。学識と保安が免除になります。
一応講習後に考査があり、これに合格しないと免除されないのですが、講習をしっかり聞いておけば、出るとこは教えてくれるようです。
この講習により勉強時間を50時間くらい短縮し、時給1000円で働いたと思えば講習代はそれほど惜しくはないでしょう。
今後もらえる資格手当を考えても、講習代の元は十分に取れています。
私は試験で取りましたが、同僚は結構講習で取っている人が多いです。試験にこだわる必要は特にはないのかなと思います。

特級ボイラー並の評価!?

1種冷凍の資格手当は特級ボイラー並だったりします。
私の会社ではビル管・エネ管・電験3種よりも資格手当が高いです。
かなり費用対効果が高い資格になっていますので、資格取得計画に余裕があればぜひとも取得しておきましょう!

関連記事

そもそもビルメン4点セットって?

4点セットの上位!第2種冷凍機械責任者について

ビルメン4点セット~第3種冷凍機械責任者

広告
 

ビルメン4点セット~第3種冷凍機械責任者

広告
 

ビル空調の方式の一つに、中央で一括して蒸気・温水・冷水を作り、各階の空調機まで配管で送り、熱交換するという方式があります。この「冷水」を作る機械が「冷凍機」になります。
基本的には、冷媒として高圧ガスを取り扱いますので、冷凍機械責任者という資格者の選任が必要となってきます。(選任不要の設備もあります)

試験対策は参考書から

この試験は問題の出し方が少し特殊です。マークシートの試験ではありますが、ほぼ全ての選択肢の正誤がわかっている必要があるため、浅い理解だと、なかなか選択肢を絞りづらいです。

「SIによる初級冷凍テキスト」という公式参考書はありますが、市販の一般参考書のほうがわかりやすいです。前述のように、過去問だけで勉強しようとすると、ボイラーのように簡単にはいきません。
地道に参考書で勉強するほうが遠回りなようで逆に近道です。参考書で力を付けた人は、2冷から受験しても良いかもしれません。内容に大きな差はありません。

講習も活用しよう

一応、講習の受講で試験科目の一部が免除になります。参考書を読んで難しいと思った場合、受講もアリだとは思います。ですが、2冷・1冷と、上位資格が存在していますので、自力で勉強するほうがより良いですね。

計算が得意だという人は、いきなり1冷から取ってみるのも良いです。ボイラーと違い、受験資格に実務経験は必要なし、免許も交付制限などはありません。それなのに資格手当は特級ボイラー並だったりします。この場合、講習を受講しても資格手当で十分に元が取れます。「SIによる上級冷凍テキスト」から問題が作られていますので、試験で取得する場合はAmazon等で入手しておきましょう。

空調・熱源の知識付けに!

ボイラーと合わせて取得することで、空調・熱源関連の知識が付きます。ボイラーと比較すると、熱交換の仕組みなどを詳細に理解することができ、空調の仕組みの勉強としてはこの冷凍機械責任者の方が有効でしょう。
基礎的なことがわかるだけですが、それでも全く勉強していないより、実際の機械に触るときの感じ方が違ってきます。
資格者の選任が不要な設備も増えてきてはいますが、空調の勉強と思い、ぜひ取得しておきましょう。

関連記事

そもそもビルメン4点セットって?

ビルメン4点セットでは不足する知識とは?

高評価!第1種冷凍機械責任者について

4点セットの上位!第2種冷凍機械責任者について

ビルメン4点セット~第2種電気工事士

ビルメン4点セット~危険物取扱者乙4類

ビルメン4点セット~2級ボイラー技士

広告