高評価!第1種冷凍機械責任者について

広告
 

ビルメン4点セットの上位資格として、
①1種電工
②危険物甲種
③1級ボイラー・特級ボイラー
④2種冷凍・1種冷凍
以上があります。

このうち、2種冷凍と1種冷凍は、受験資格に実務経験は不要ですし、免許の交付制限もありません。
勉強さえしっかりすれば、転職前でも十分に取れる資格です。今回は1種冷凍について書きます。

試験には記述式があるが‥

1種冷凍の試験は、学識・保安・法令の3科目あり、学識は記述式です。
記述式といっても、毎年ほぼ同じ傾向の問題が出題され、対策はしやすいです。
「SIによる上級冷凍テキスト」と過去問をしっかりやっておけば、問題なく受かる試験です。

とはいっても、この2つをしっかりと理解するには、100~150時間くらいかかってしまうと思われます。
計算が苦手な人はもっとかかるかもしれません。

勉強時間の短縮なら講習受講

勉強時間を短縮したいなら、講習による科目免除という手段もアリ。学識と保安が免除になります。
一応講習後に考査があり、これに合格しないと免除されないのですが、講習をしっかり聞いておけば、出るとこは教えてくれるようです。
この講習により勉強時間を50時間くらい短縮し、時給1000円で働いたと思えば講習代はそれほど惜しくはないでしょう。
今後もらえる資格手当を考えても、講習代の元は十分に取れています。
私は試験で取りましたが、同僚は結構講習で取っている人が多いです。試験にこだわる必要は特にはないのかなと思います。

特級ボイラー並の評価!?

1種冷凍の資格手当は特級ボイラー並だったりします。
私の会社ではビル管・エネ管・電験3種よりも資格手当が高いです。
かなり費用対効果が高い資格になっていますので、資格取得計画に余裕があればぜひとも取得しておきましょう!

関連記事

そもそもビルメン4点セットって?

4点セットの上位!第2種冷凍機械責任者について

ビルメン4点セット~第3種冷凍機械責任者

広告