簡単取得!認定電気工事従事者について

認定電気工事従事者とは?

この資格は、低圧の自家用電気工作物(最大500kW未満の需要設備)のうち、簡易電気工事が行えるようになる資格です。
実は、2種電工だけではビル設備等の自家用電気工作物の電気工事は行えません。この認定電気工事従事者の資格を取得すると、小~中規模のビルの簡易電気工事が行えるため、2種電工と合わせて持っておきたい資格です。
ちなみに、500kW以上の中~大規模ビルの場合、電気主任技術者の監督のもとであれば無免許でも工事可能なので、取得は必須ではありません。

取得方法は?

①第1種電気工事士に試験合格する

1種電工に試験合格しておけば、申請で取得できます。「試験合格」だけで良いので、実務経験は不要です。電気工事会社なんかは、2種電工を飛ばして1種電工から先に取るパターンが多かったりしますね。

②第2種電気工事士取得後、講習を受講

2種電工の場合、講習の受講が必要です。若干の手間と費用は増えますが、簡単に取得できることには変わりありません。ぜひ受講しておきましょう。

③電気主任技術者取得後、講習を受講

電験の場合でも、講習の受講で取得可能。実は、先に電験を所持している場合、そもそも電気工事士を受験する必要はなかったりします。一応、技能の証明として電工のどちらかは取っておいた方が良いですけどね。

④その他

実務経験等により取得可能。一般的には、上記の3パターンが多いです。ビルメンで多いのは②の2種電工+講習のパターンですね。

取得に意味はある?

ビルメンが常駐する規模の現場であれば、この資格の用途範囲外の現場が多くなりますが、それを言うならばそもそも2種電工も不要です。
ビルメンにおける電気工事士の必要性は、「一定のスキルの証明」「資格者の確保」といった面が大きいです。2種電工や電験による取得の場合、講習を受講しますので、「一定のスキルの証明」にもなりますし、現場によっては必須とされる場合もあり「資格者の確保」という点でも有利でしょう。
簡単に取れる資格でありながら、有用性はそれなりにあるものとなっていますので、取得条件を満たしている方は申請しちゃいましょう。

関連記事

ビルメン4点セット~第2種電気工事士

意外とレア資格!?第1種電気工事士について

電気のスペシャリスト!電験3種について

電気資格の頂点!電験1種について

ビルメンでは、電気系の資格が特に重要とされています。
難易度が高いものも多く、保有者が少ないため比較的評価されやすいのが電験に代表される電気系資格です。
電気工事士、電気主任技術者、電気施工管理技士、電気通信主任技術者、エネルギー管理士(電気)、技術士(電気・電子)等々、様々な電気関連資格が存在していますが、その中の頂点であると言っても良いのが、「第1種電気主任技術者試験」です。

受験自体をあきらめる人も・・

難易度は極めて高いです。
ここまでくると、受験自体をあきらめる人が出てきます。
正直、私も受験を断念しています。勉強は続けますけどね。

「肩書」としての用途

ビルメンとしては、専用受電の大規模工場で使うかどうか……といったところでしょうか。あとは発電所・変電所とかなので、ビルメンの範疇からは外れそうです。
ただ、「肩書」として持っておきたい資格です。もちろん、資格をぶら下げて歩くわけじゃないので、ここぞという時だけ肩書を使えばよいです。
以前の勤務先に技術士がいましたが、名刺に入れるバージョンと入れないバージョンを作っているとのこと。
まあ、技量を試すように妙な質問されても困っちゃいますからね。。。

電験1種の参考書は?

電験1種は、市販の参考書が少ないです。というか、ほぼないです。大学等で使用される専門書を使用するくらいでしょうか。
どれを揃えれば良いかわからない……という人は、下記を参考にしてください。(私は1種持ってないので、あくまで参考程度に……)
すべて同じシリーズの本で統一してみました。下記6冊で、理論、電力1次・2次、機械1次・2次、法規、全ての基礎が身につくはず。もちろん、仕上げは過去問をひたすら解くのが大事でしょうけどね。

●理論対策

①基礎からの交流理論

電気回路の本です。基礎からきっちり勉強し直したい方にオススメです。電験2種の1次理論対策にも良いですね。

②基礎電磁気学

磁界とか電界ってちょっと苦手……と思ってる方にオススメ。基礎からきっちり勉強し直しましょう。電験2種の1次理論対策にも良いです。

●法規対策

③電気施設管理と電気法規解説

こちらは電力・管理の施設管理と、法規の一部が勉強可能。ビルメンとしては、一番実務に近い本です。

●電力1次・2次対策

④発電・変電

電力と言えば発変電、送配電。そのうちの発変電に関する本です。

⑤送電・配電

電力と言えば発変電・送配電。そのうちの送配電に関する本です。

●機械1次・2次対策

⑥電気機器学基礎論

回転機・変圧器・パワエレ等について。特に、パワエレに重点が置かれています。パワエレが苦手な方、これで克服できるかも……?

勉強の継続が大事

私自身は、基礎からの交流理論と基礎電磁気学は一読できました。他4冊は内容を大まかに確認。2種の時点で読んでおけば良かった感じですね……。今は、2種の復習を主に行ってます。1種の受験はいつになるかわからないし、そもそも受けないかもしれないし、せめて持ってる資格くらい理解しておこうという感じです。キリが付いたら他の本にも本格的に取り掛かろうと思ってます。
その後は……やっぱり受験しないかも。ビルメンでは使わないし。。。でも、受けたくなってから
「勉強全くしてなかった!」
ではどうにもならないので、勉強自体は継続します。数年がかりの計画ですけどね。
継続は力なり!頑張っていきたいですね。

関連記事

人生一発逆転!?電験2種について

電気のスペシャリスト!電験3種について

意外とレア資格!?第1種電気工事士について

ビルメン4点セットの上位資格として、
①1種電工
②危険物甲種
③1級ボイラー・特級ボイラー
④2種冷凍・1種冷凍
以上があります。

この中で、1種電工の試験自体はすぐに受けることができ、難易度も2種電工の合格者ならばそれほど難しくはありません。
実技は高圧部分が増えていますが、その分試験時間も増えているので、むしろ2種電工より簡単という人もいるかもしれません。

免状取得には実務経験が必要

しかし、免状をもらうとなると別です。実務経験が一般には5年必要で、大学の電気科卒でも3年必要です。
さらに、実務経験と認められるには、会社が「電気工事業」の登録をしている必要があり、社員が電気工事に従事しているというきちんとした証明が必要になります。
ビルメンでは、電気工事業の登録をしていない会社も少なくありません。普通、本格的な電気工事は業者にさせるためです。

「電気主任」の経験でもOK

1種電工の免状をもらうのに一般的な方法として、「電気主任技術者」として保守管理の実務経験を積むことです。これで5年経験すれば、免状交付の要件が満たせます。
電験を取るだけでも結構大変なのに、電気主任技術者に選任されたうえ、5年も経験を積まなければならない。実際問題、1種電工の免状取得者はかなり少ないです。
ビル管・エネ管・電験3種の方がゴロゴロいるくらいです。実質的に、これらの資格よりも上位の資格と思っていて良いでしょう。

2種電工は不要!?

1種電工の試験合格で、「認定電気工事従事者」の資格が申請でもらえますから、2種電工をもっていなくても、会社が電気工事業の登録さえしていれば実務経験を積むことができます。
大きな現場であれば、電気主任技術者の監督の下であれば無免許でも工事ができるので、2種電工の受験を飛ばして1種電工から受けて試験合格しておく、という手も有効になります。
試験合格だけでも評価してくれる会社もありますので、転職前に受験してみるのもアリですね。

関連記事

そもそもビルメン4点セットって?

簡単取得!認定電気工事従事者について

ビルメン4点セット~第2種電気工事士

電気のスペシャリスト!電験3種について

電験2種一次試験対策

電験2種の一次試験は科目合格があります。3種と同じく、2年間合格が有効。3年かけて取れば良いことになります。
一次試験の合格は1年間留保され、二次試験に2回挑戦できる権利が獲得できます。

一次試験と二次試験の難易度

一次試験に一発で受からないようでは、二次試験は無理だ、と言う人もいます。
しかし、実際には、一次で何度もつまづいても、二次には一発で受かった、という人もいますので、「人それぞれ」です。
ただし、一般的には二次の方が遥かに難しいので、一次対策と並行して二次対策も行うのが基本になります。

各科目ごとの対策

①理論対策

数学は得意だったでしょうか。
多少でも得意だったら、いきなり過去問からで十分でしょう。
苦手な場合、一次試験で最難関の科目に変化します。
電気数学、電気回路、電磁気学、それぞれ1冊ずつ参考書を購入しましょう。
上記3冊をマスターすれば、理論科目は恐くありません。あとは問題をこなし、計算速度を上げるだけです!

②電力対策

電力の一次試験は、計算問題は少ないです。よって、二次試験の論説対策で一次試験の対策が可能です。エネ管を先に取得するのも有効。一応、仕上げとして過去問は解いてみましょう。

③機械対策

機械の一次試験は計算問題が少ないため、二次試験の対策はあまり一次対策には有効ではありません。なぜなら、機械の二次試験はほぼ全てが計算問題だからです。割り切って、一次の問題集を解きましょう。
機械が苦手だった場合、エネ管を先に取得するのも有効です。エネ管は電験2種の一次試験と出題の形式が似ており、かつ機械の割合が高いためです。

④法規対策

3種の時の対策と同じです。基本、問題集と過去問で対策です。一番簡単な科目ですが、その分、大学の電気科卒の人は案外落としやすかったりします。
暗記科目ですから、勉強自体は必須ですよ!

オススメ参考書・問題集

オススメ問題集は「テーマ別電験第1・2種一次試験過去問題集」。テーマ別なので、勉強する際に知識の整理がしやすいです。類似問題も多いことがよくわかります。
1種の問題も解けるのでお得です。

電気数学は以下の本が使いやすいです。

二次試験の勉強もしておこう

3種と同じく、合格のボーダーが下がることもありますので、一次の勉強はほどほどに二次の対策を始めておくことが大事です。下手したら、結局一次は何度も受け直しますので、自然と身に付きますしね。
まあ、皆さまはそうならないように願っております。。。

関連記事

人生一発逆転!?電験2種について

電験2種二次試験対策

電気のスペシャリスト!電験3種について

エネルギー管理士について

電験2種二次試験対策

電験2種の一次試験は科目合格がありますが、二次試験には科目合格はありません。
電験2種に合格できるかどうかは、二次試験が突破できるかどうかにかかっています。

二次試験の概要

二次試験は、電力・管理と機械・制御の2科目です。
2科目とはいえ、理論的な計算問題や、法規の一部からの出題もあるので、4科目の複合だと思って頂けると良いです。
電力は6問中4問選択で120点満点。機械は4問中2問選択で60点満点です。1問につき30分。2科目の合計が108点以上で2次試験合格になりますから、電力・管理の方が配点が高いことになります。
つまり、電力の方に力を入れるべき、ということです。

電力・管理の一科目集中で良い?

ただし、電力・管理のみで108点を満たしても合格というわけではなく、それぞれの科目で平均点を上回っている必要があります。
平均点は大抵5割以下のようですので、バランス良く得点していれば問題はないのですが、前述の通り電力の方が配点が高いため、勉強時間の配分が難しいところです。
一応、ボーダーラインが下がり、平均点-5点、とかでもOKになることも多いですので、それほど神経質になることはないですが。

電力・管理のコツ

電力・管理のコツとしては、計算問題を2問程度確実に取るということ。6問中、大体3~4問が計算問題です。
計算問題が2問しかない場合に備えて、論説問題の対策もやっておきましょう。計算問題が3問以上あっても、あえて論説問題を2問選び、要点のみの解答として、短時間で部分点を稼ぐ方法も有力です。
計算問題は3種より難易度が高いものの、しっかりと練習を積めば得点源になります。
機械・制御で不足しそうな点数を、電力・管理で多めに稼ぐ形が理想。

機械・制御のコツ

機械・制御のコツとしては、回転機・変圧器・パワエレ・自動制御の4問のうち一番簡単そうな1問を選び、満点取れると良いです。
基本的に5割とっておけば平均点を下回る心配はないと言っても良いので、30点を確実に取っておけば十分です。
計算量は多いけど比較的易しい問題が多い、自動制御が特にオススメ。残りの時間で、もう1問の部分点を稼ぎに行きましょう。
ちなみに、機械・制御は全て計算問題が出題される傾向にあります。

過去問がやっぱり大事

問題集でひらすら問題を解いていると、「結構、似たような問題が出ている」ということに気づきます。
第2種電気主任技術者試験とはいえ、結局他の試験と同じく、過去問での対策が一番なのです。
ただし、そこに至るまでに問題集で十分に練習を積む必要があります。
オススメ問題集は、「キーワードで覚える!」と「戦術で覚える!」です。電子書籍版もあり、通勤時間の活用も可能。

合格に必要なのは「継続」と「執念」

電験2種は、電験3種に合格した人が受験して、合格までに平均5年程度かかっている、ということを忘れないでください。
一般的に勉強時間は、「1000時間」は必要になると思っていて良いです。かなりの長期戦になります。
電験2種の勉強と並行し、事前にエネ管の方を取得して、知識を固めておく方法も有力です。
この試験は「勉強を継続できる人」が有利であり、最終的に必要なのは、何が何でも合格するという「執念」です。
易しい年度もありますので、あきらめずに受験を続けましょう。いつかは受かります!

関連記事

人生一発逆転!?電験2種について

電験2種一次試験対策

電気のスペシャリスト!電験3種について

エネルギー管理士について

人生一発逆転!?電験2種について

郊外の商業施設や首都圏の超高層ビルは、66kV受電です。銀行やデータセンター等、大電力を消費する施設も5万V以上の受電が多いです。
ビルメンといえども、第2種電気主任技術者が必要とされる現場が、一定数存在しています。
3種と違い、資格者が常駐管理している必要がありますし、代務者まで2種持ちにしようと思えば一つの現場に2名も必要となるので、取得者数の割には需要はある資格です。

取得に平均5年程かかる

難易度は高いです。取得に平均5年程かかると言われています。私も6年かかりました(4回受験)。
大学の電気科を優秀な成績で卒業した人間でも、一発で受からないこともあるそうです。
ビルメンだけでなく、電気施工管理や電気設計の業界を含めても、あまり取得者を見かけないレア資格です。

一発逆転可能な資格?

電験2種で人生一発逆転可能か?といえば、難しいです。
なぜなら、実務経験が伴わないと、資格の価値は薄まるからです。
その点認定取得者なら問題ないのですが、2種で一発逆転を目指す方は大抵試験受験者でしょう。合格後も、実務経験をしっかりと積んでいく事を意識する必要があります。
……とはいえ、持っているだけでも間違いなく有利です。
周囲からの評価は、「低レベルの資格をたくさん持っている人」から、「電験2種の人」にランクアップしますし、転職では未経験でも募集が数多くあります。年齢が多少いっていても、大手系列系のビルメンに入社することは可能でしょう。

オススメ参考書・問題集

オススメの問題集を記載しておきます。

一次対策は、「テーマ別電験1種・2種一次試験過去問題集」

二次対策は、「キーワードで覚える!電験2種2次論説問題」「戦術で覚える!電験2種2次計算問題」

加えて、過去問「電験2種模範解答集」

4冊全て電気書院です。
オーム社が嫌いなわけではないですし、他の問題集等も使ったのですが、上記4冊が上手くまとめられていて、結果的に役に立ちました。

関連記事に対策をまとめていますので、そちらもご参照ください。

電験2種一次試験対策

電験2種二次試験対策

取得を目指すべき?

電験2種は、全ての人に受験を推奨はしません。合格までにかけた時間分のリターンがあるかと言われれば、「ない」でしょう。
(資格手当が多少はありますが……)
しかし、勉強が得意、または資格取得が趣味という方は、ぜひ合格を目指しましょう。
資格だけのペーパードライバーから、実務経験を積んだベテランになれば、その現場では唯一無二の存在になれるはずです。年収は……あまり増えませんけどね。

関連記事

電気のスペシャリスト!電験3種について

電気資格の頂点!電験1種について

省エネ時代の必須資格!エネルギー管理士について

電気のスペシャリスト!電験3種について

ビルメンに転職を考えている人、もうすでにビルメンの人ならば、電験3種は当然ご存知かと思います。
正式名称は「第3種電気主任技術者試験」通称電験3種です。

受験・免状取得に実務経験は不要!

ビル管・エネ管・電験3種と並び称されるくらい、重要度の高い資格です。
この中で、ビル管は受験に実務経験が2年必要。エネ管は免状取得に実務経験が1年必要。電験3種は実務経験不要です。
つまり、未経験でも、実務1年以上と互角以上、ということになるのです!

難易度は高い

難易度は高いです。ビルメン4点セットと同じ感覚で勉強していると、あっさりと落ちることになります。
一般に「400時間」もの勉強時間が必要と言われますので、1~3年間かけてじっくり勉強するつもりで挑むのが良いです。

科目合格を活用しよう

合格点は60点。
しかし、平均点によって55点くらいまで合格点が下がることも多いです。また、科目合格制があります。2年間科目合格が留保されますので、理論・電力・機械・法規の4科目全てを、3回以内の受験で合格できれば免状がもらえます。
3年目の挑戦で不合格だった場合、1年目で合格していた科目を再度受験しなくてはいけません。。。

科目別対策

①理論対策

理論は計算力がものを言います。数学が苦手だった場合、高校数学から勉強しなおしましょう。電験用の数学本も結構出ています。
時間内に解けるかどうかも重要で、計算スピードを上げる練習を積み、見直しをする時間を確保しましょう。

②電力対策

参考書をじっくりと読みましょう。
電力と機械は電験の「核」とも言える科目になっています。ページの脇に書いてあるような豆知識も残さず読んでいきましょう。
勉強を積めば、自然と得点が上がっていく科目です。

③機械対策

実務未経験者は機器がイメージしづらく、難関科目であると思います。
しかし、エネ管や電験2種でも重要となる科目ですので、逃げずに克服することが大事です。参考書、過去問ともにまんべんなく勉強しましょう。
文章題はエネ管や電験2種の一次試験で、計算は電験2種の2次試験で役立ちます。
平均点は低めですので、合格ラインが下がることも多いです。

④法規対策

ひとまず参考書で全体像を把握してから、問題集や過去問を解いてひたすら練習を積みましょう。結構、似たような問題が出ます。電技解釈など、法令本の購入は必要ないでしょう。
ただし、合格ラインが下がることは期待せずに、確実に60点以上とっておきましょう。

一発で受かる必要はない

ちなみに、私は2回落ちました。3回目でようやく合格。
落ちるとショックは大きいですが、受験を続ければいつかは受かります。
一発で受かる方がより良いですが、それにこだわる必要はありません。

転職にも昇給にも有利!

電験3種は、結構取得者が少ないです。
電気主任技術者として選任されると責任が重くなりますので、そもそも受験自体しない人も多いです。
そのため、転職の材料とする場合、合格していなくても科目合格しているなら十分アピールになります。
合格しているなら、間違いなく有利です。
資格手当や昇給面でも優遇されている場合が多いですので、ぜひ取得を目指しましょう!

関連記事

省エネ時代の必須資格!エネルギー管理士について

人生一発逆転!?電験2種について

電気資格の頂点!電験1種について

ビルメン4点セット~第2種電気工事士

ビルメン4点セットの代表格。第2種電気工事士(2種電工)です。電気関係の資格になります。

試験の難易度は?

筆記試験はそれほど難しくありません。
とはいっても、計算が得意でない場合、参考書を読んでじっくり勉強したい所。得意な人は、過去問からでも十分です。過去問2~3周が一つの目安。

問題は実技かと思います。合格率自体は高いのですが、受験者は工業高校で練習を積んだ人や、職業訓練校で詳細に学んだ人が多いです。つまり、受験者は平均より器用なんです。
不器用な人だと、相当な練習が必要だと覚悟した方が良いでしょう。

私は1種電工から先に受けたのですが、1回不合格。2度目でなんとか合格。その後やっぱり2種電工がほしいと受験。2回不合格。3度目でやっと合格。。。ある意味、電験より難しいという人もいるかもしれません。

実技試験対策

練習には工具と電線や器具類が必要ですが、Amazon等でセット販売していたりします。割高だと感じるなら、個別に必要分を購入しても良いでしょう。

ケーブルストリッパはセットに入っていないこともありますが、一応買っておくと良いです。ケーブルはカッターや電工ナイフでもむけるようになっておくほうが良いですが、それだと時間が足りなくなります。
また、ケーブルの長さも目分量である程度はわかるようになるとより良いです。長さが多少足りなくても減点はされないので、長さをはかる時間の分を作業時間に充てることができます。
不器用な人だと、結構時間切れで不合格になることが多いです。

4点セットの中でも重要度が高い!

4点セットのうちどれか一つでも取る、ということであれば、この第2種電気工事士をオススメします。電気の資格は、そのくらい重要度が高いです。
私くらい不器用でも、ちゃんと受かる試験ですので、しっかりと練習すれば必ず合格します!

関連記事

そもそもビルメン4点セットって?

ビルメン4点セットでは不足する知識とは?

簡単取得!認定電気工事従事者について

意外とレア資格!?第1種電気工事士について

電気のスペシャリスト!電験3種について

ビルメン4点セット~危険物取扱者乙4類

ビルメン4点セット~2級ボイラー技士

ビルメン4点セット~第3種冷凍機械責任者