電験2種一次試験対策

電験2種の一次試験は科目合格があります。3種と同じく、2年間合格が有効。3年かけて取れば良いことになります。
一次試験の合格は1年間留保され、二次試験に2回挑戦できる権利が獲得できます。

一次試験と二次試験の難易度

一次試験に一発で受からないようでは、二次試験は無理だ、と言う人もいます。
しかし、実際には、一次で何度もつまづいても、二次には一発で受かった、という人もいますので、「人それぞれ」です。
ただし、一般的には二次の方が遥かに難しいので、一次対策と並行して二次対策も行うのが基本になります。

各科目ごとの対策

①理論対策

数学は得意だったでしょうか。
多少でも得意だったら、いきなり過去問からで十分でしょう。
苦手な場合、一次試験で最難関の科目に変化します。
電気数学、電気回路、電磁気学、それぞれ1冊ずつ参考書を購入しましょう。
上記3冊をマスターすれば、理論科目は恐くありません。あとは問題をこなし、計算速度を上げるだけです!

②電力対策

電力の一次試験は、計算問題は少ないです。よって、二次試験の論説対策で一次試験の対策が可能です。エネ管を先に取得するのも有効。一応、仕上げとして過去問は解いてみましょう。

③機械対策

機械の一次試験は計算問題が少ないため、二次試験の対策はあまり一次対策には有効ではありません。なぜなら、機械の二次試験はほぼ全てが計算問題だからです。割り切って、一次の問題集を解きましょう。
機械が苦手だった場合、エネ管を先に取得するのも有効です。エネ管は電験2種の一次試験と出題の形式が似ており、かつ機械の割合が高いためです。

④法規対策

3種の時の対策と同じです。基本、問題集と過去問で対策です。一番簡単な科目ですが、その分、大学の電気科卒の人は案外落としやすかったりします。
暗記科目ですから、勉強自体は必須ですよ!

オススメ参考書・問題集

オススメ問題集は「テーマ別電験第1・2種一次試験過去問題集」。テーマ別なので、勉強する際に知識の整理がしやすいです。類似問題も多いことがよくわかります。
1種の問題も解けるのでお得です。

電気数学は以下の本が使いやすいです。

二次試験の勉強もしておこう

3種と同じく、合格のボーダーが下がることもありますので、一次の勉強はほどほどに二次の対策を始めておくことが大事です。下手したら、結局一次は何度も受け直しますので、自然と身に付きますしね。
まあ、皆さまはそうならないように願っております。。。

関連記事

人生一発逆転!?電験2種について

電験2種二次試験対策

電気のスペシャリスト!電験3種について

エネルギー管理士について

電験2種二次試験対策

電験2種の一次試験は科目合格がありますが、二次試験には科目合格はありません。
電験2種に合格できるかどうかは、二次試験が突破できるかどうかにかかっています。

二次試験の概要

二次試験は、電力・管理と機械・制御の2科目です。
2科目とはいえ、理論的な計算問題や、法規の一部からの出題もあるので、4科目の複合だと思って頂けると良いです。
電力は6問中4問選択で120点満点。機械は4問中2問選択で60点満点です。1問につき30分。2科目の合計が108点以上で2次試験合格になりますから、電力・管理の方が配点が高いことになります。
つまり、電力の方に力を入れるべき、ということです。

電力・管理の一科目集中で良い?

ただし、電力・管理のみで108点を満たしても合格というわけではなく、それぞれの科目で平均点を上回っている必要があります。
平均点は大抵5割以下のようですので、バランス良く得点していれば問題はないのですが、前述の通り電力の方が配点が高いため、勉強時間の配分が難しいところです。
一応、ボーダーラインが下がり、平均点-5点、とかでもOKになることも多いですので、それほど神経質になることはないですが。

電力・管理のコツ

電力・管理のコツとしては、計算問題を2問程度確実に取るということ。6問中、大体3~4問が計算問題です。
計算問題が2問しかない場合に備えて、論説問題の対策もやっておきましょう。計算問題が3問以上あっても、あえて論説問題を2問選び、要点のみの解答として、短時間で部分点を稼ぐ方法も有力です。
計算問題は3種より難易度が高いものの、しっかりと練習を積めば得点源になります。
機械・制御で不足しそうな点数を、電力・管理で多めに稼ぐ形が理想。

機械・制御のコツ

機械・制御のコツとしては、回転機・変圧器・パワエレ・自動制御の4問のうち一番簡単そうな1問を選び、満点取れると良いです。
基本的に5割とっておけば平均点を下回る心配はないと言っても良いので、30点を確実に取っておけば十分です。
計算量は多いけど比較的易しい問題が多い、自動制御が特にオススメ。残りの時間で、もう1問の部分点を稼ぎに行きましょう。
ちなみに、機械・制御は全て計算問題が出題される傾向にあります。

過去問がやっぱり大事

問題集でひらすら問題を解いていると、「結構、似たような問題が出ている」ということに気づきます。
第2種電気主任技術者試験とはいえ、結局他の試験と同じく、過去問での対策が一番なのです。
ただし、そこに至るまでに問題集で十分に練習を積む必要があります。
オススメ問題集は、「キーワードで覚える!」と「戦術で覚える!」です。電子書籍版もあり、通勤時間の活用も可能。

合格に必要なのは「継続」と「執念」

電験2種は、電験3種に合格した人が受験して、合格までに平均5年程度かかっている、ということを忘れないでください。
一般的に勉強時間は、「1000時間」は必要になると思っていて良いです。かなりの長期戦になります。
電験2種の勉強と並行し、事前にエネ管の方を取得して、知識を固めておく方法も有力です。
この試験は「勉強を継続できる人」が有利であり、最終的に必要なのは、何が何でも合格するという「執念」です。
易しい年度もありますので、あきらめずに受験を続けましょう。いつかは受かります!

関連記事

人生一発逆転!?電験2種について

電験2種一次試験対策

電気のスペシャリスト!電験3種について

エネルギー管理士について

人生一発逆転!?電験2種について

郊外の商業施設や首都圏の超高層ビルは、66kV受電です。銀行やデータセンター等、大電力を消費する施設も5万V以上の受電が多いです。
ビルメンといえども、第2種電気主任技術者が必要とされる現場が、一定数存在しています。
3種と違い、資格者が常駐管理している必要がありますし、代務者まで2種持ちにしようと思えば一つの現場に2名も必要となるので、取得者数の割には需要はある資格です。

取得に平均5年程かかる

難易度は高いです。取得に平均5年程かかると言われています。私も6年かかりました(4回受験)。
大学の電気科を優秀な成績で卒業した人間でも、一発で受からないこともあるそうです。
ビルメンだけでなく、電気施工管理や電気設計の業界を含めても、あまり取得者を見かけないレア資格です。

一発逆転可能な資格?

電験2種で人生一発逆転可能か?といえば、難しいです。
なぜなら、実務経験が伴わないと、資格の価値は薄まるからです。
その点認定取得者なら問題ないのですが、2種で一発逆転を目指す方は大抵試験受験者でしょう。合格後も、実務経験をしっかりと積んでいく事を意識する必要があります。
……とはいえ、持っているだけでも間違いなく有利です。
周囲からの評価は、「低レベルの資格をたくさん持っている人」から、「電験2種の人」にランクアップしますし、転職では未経験でも募集が数多くあります。年齢が多少いっていても、大手系列系のビルメンに入社することは可能でしょう。

オススメ参考書・問題集

オススメの問題集を記載しておきます。

一次対策は、「テーマ別電験1種・2種一次試験過去問題集」

二次対策は、「キーワードで覚える!電験2種2次論説問題」「戦術で覚える!電験2種2次計算問題」

加えて、過去問「電験2種模範解答集」

4冊全て電気書院です。
オーム社が嫌いなわけではないですし、他の問題集等も使ったのですが、上記4冊が上手くまとめられていて、結果的に役に立ちました。

関連記事に対策をまとめていますので、そちらもご参照ください。

電験2種一次試験対策

電験2種二次試験対策

取得を目指すべき?

電験2種は、全ての人に受験を推奨はしません。合格までにかけた時間分のリターンがあるかと言われれば、「ない」でしょう。
(資格手当が多少はありますが……)
しかし、勉強が得意、または資格取得が趣味という方は、ぜひ合格を目指しましょう。
資格だけのペーパードライバーから、実務経験を積んだベテランになれば、その現場では唯一無二の存在になれるはずです。年収は……あまり増えませんけどね。

関連記事

電気のスペシャリスト!電験3種について

電気資格の頂点!電験1種について

省エネ時代の必須資格!エネルギー管理士について