簡単取得!認定電気工事従事者について

広告
 

認定電気工事従事者とは?

この資格は、低圧の自家用電気工作物(最大500kW未満の需要設備)のうち、簡易電気工事が行えるようになる資格です。
実は、2種電工だけではビル設備等の自家用電気工作物の電気工事は行えません。この認定電気工事従事者の資格を取得すると、小~中規模のビルの簡易電気工事が行えるため、2種電工と合わせて持っておきたい資格です。
ちなみに、500kW以上の中~大規模ビルの場合、電気主任技術者の監督のもとであれば無免許でも工事可能なので、取得は必須ではありません。

取得方法は?

①第1種電気工事士に試験合格する

1種電工に試験合格しておけば、申請で取得できます。「試験合格」だけで良いので、実務経験は不要です。電気工事会社なんかは、2種電工を飛ばして1種電工から先に取るパターンが多かったりしますね。

②第2種電気工事士取得後、講習を受講

2種電工の場合、講習の受講が必要です。若干の手間と費用は増えますが、簡単に取得できることには変わりありません。ぜひ受講しておきましょう。

③電気主任技術者取得後、講習を受講

電験の場合でも、講習の受講で取得可能。実は、先に電験を所持している場合、そもそも電気工事士を受験する必要はなかったりします。一応、技能の証明として電工のどちらかは取っておいた方が良いですけどね。

④その他

実務経験等により取得可能。一般的には、上記の3パターンが多いです。ビルメンで多いのは②の2種電工+講習のパターンですね。

取得に意味はある?

ビルメンが常駐する規模の現場であれば、この資格の用途範囲外の現場が多くなりますが、それを言うならばそもそも2種電工も不要です。
ビルメンにおける電気工事士の必要性は、「一定のスキルの証明」「資格者の確保」といった面が大きいです。2種電工や電験による取得の場合、講習を受講しますので、「一定のスキルの証明」にもなりますし、現場によっては必須とされる場合もあり「資格者の確保」という点でも有利でしょう。
簡単に取れる資格でありながら、有用性はそれなりにあるものとなっていますので、取得条件を満たしている方は申請しちゃいましょう。

関連記事

ビルメン4点セット~第2種電気工事士

意外とレア資格!?第1種電気工事士について

電気のスペシャリスト!電験3種について

広告
 

意外とレア資格!?第1種電気工事士について

広告
 

ビルメン4点セットの上位資格として、
①1種電工
②危険物甲種
③1級ボイラー・特級ボイラー
④2種冷凍・1種冷凍
以上があります。

この中で、1種電工の試験自体はすぐに受けることができ、難易度も2種電工の合格者ならばそれほど難しくはありません。
実技は高圧部分が増えていますが、その分試験時間も増えているので、むしろ2種電工より簡単という人もいるかもしれません。

免状取得には実務経験が必要

しかし、免状をもらうとなると別です。実務経験が一般には5年必要で、大学の電気科卒でも3年必要です。
さらに、実務経験と認められるには、会社が「電気工事業」の登録をしている必要があり、社員が電気工事に従事しているというきちんとした証明が必要になります。
ビルメンでは、電気工事業の登録をしていない会社も少なくありません。普通、本格的な電気工事は業者にさせるためです。

「電気主任」の経験でもOK

1種電工の免状をもらうのに一般的な方法として、「電気主任技術者」として保守管理の実務経験を積むことです。これで5年経験すれば、免状交付の要件が満たせます。
電験を取るだけでも結構大変なのに、電気主任技術者に選任されたうえ、5年も経験を積まなければならない。実際問題、1種電工の免状取得者はかなり少ないです。
ビル管・エネ管・電験3種の方がゴロゴロいるくらいです。実質的に、これらの資格よりも上位の資格と思っていて良いでしょう。

2種電工は不要!?

1種電工の試験合格で、「認定電気工事従事者」の資格が申請でもらえますから、2種電工をもっていなくても、会社が電気工事業の登録さえしていれば実務経験を積むことができます。
大きな現場であれば、電気主任技術者の監督の下であれば無免許でも工事ができるので、2種電工の受験を飛ばして1種電工から受けて試験合格しておく、という手も有効になります。
試験合格だけでも評価してくれる会社もありますので、転職前に受験してみるのもアリですね。

関連記事

そもそもビルメン4点セットって?

簡単取得!認定電気工事従事者について

ビルメン4点セット~第2種電気工事士

電気のスペシャリスト!電験3種について

広告
 

ビルメン4点セット~第2種電気工事士

広告
 

ビルメン4点セットの代表格。第2種電気工事士(2種電工)です。電気関係の資格になります。

試験の難易度は?

筆記試験はそれほど難しくありません。
とはいっても、計算が得意でない場合、参考書を読んでじっくり勉強したい所。得意な人は、過去問からでも十分です。過去問2~3周が一つの目安。

問題は実技かと思います。合格率自体は高いのですが、受験者は工業高校で練習を積んだ人や、職業訓練校で詳細に学んだ人が多いです。つまり、受験者は平均より器用なんです。
不器用な人だと、相当な練習が必要だと覚悟した方が良いでしょう。

私は1種電工から先に受けたのですが、1回不合格。2度目でなんとか合格。その後やっぱり2種電工がほしいと受験。2回不合格。3度目でやっと合格。。。ある意味、電験より難しいという人もいるかもしれません。

実技試験対策

練習には工具と電線や器具類が必要ですが、Amazon等でセット販売していたりします。割高だと感じるなら、個別に必要分を購入しても良いでしょう。

ケーブルストリッパはセットに入っていないこともありますが、一応買っておくと良いです。ケーブルはカッターや電工ナイフでもむけるようになっておくほうが良いですが、それだと時間が足りなくなります。
また、ケーブルの長さも目分量である程度はわかるようになるとより良いです。長さが多少足りなくても減点はされないので、長さをはかる時間の分を作業時間に充てることができます。
不器用な人だと、結構時間切れで不合格になることが多いです。

4点セットの中でも重要度が高い!

4点セットのうちどれか一つでも取る、ということであれば、この第2種電気工事士をオススメします。電気の資格は、そのくらい重要度が高いです。
私くらい不器用でも、ちゃんと受かる試験ですので、しっかりと練習すれば必ず合格します!

関連記事

そもそもビルメン4点セットって?

ビルメン4点セットでは不足する知識とは?

簡単取得!認定電気工事従事者について

意外とレア資格!?第1種電気工事士について

電気のスペシャリスト!電験3種について

ビルメン4点セット~危険物取扱者乙4類

ビルメン4点セット~2級ボイラー技士

ビルメン4点セット~第3種冷凍機械責任者

広告