簡単取得!認定電気工事従事者について

認定電気工事従事者とは?

この資格は、低圧の自家用電気工作物(最大500kW未満の需要設備)のうち、簡易電気工事が行えるようになる資格です。
実は、2種電工だけではビル設備等の自家用電気工作物の電気工事は行えません。この認定電気工事従事者の資格を取得すると、小~中規模のビルの簡易電気工事が行えるため、2種電工と合わせて持っておきたい資格です。
ちなみに、500kW以上の中~大規模ビルの場合、電気主任技術者の監督のもとであれば無免許でも工事可能なので、取得は必須ではありません。

取得方法は?

①第1種電気工事士に試験合格する

1種電工に試験合格しておけば、申請で取得できます。「試験合格」だけで良いので、実務経験は不要です。電気工事会社なんかは、2種電工を飛ばして1種電工から先に取るパターンが多かったりしますね。

②第2種電気工事士取得後、講習を受講

2種電工の場合、講習の受講が必要です。若干の手間と費用は増えますが、簡単に取得できることには変わりありません。ぜひ受講しておきましょう。

③電気主任技術者取得後、講習を受講

電験の場合でも、講習の受講で取得可能。実は、先に電験を所持している場合、そもそも電気工事士を受験する必要はなかったりします。一応、技能の証明として電工のどちらかは取っておいた方が良いですけどね。

④その他

実務経験等により取得可能。一般的には、上記の3パターンが多いです。ビルメンで多いのは②の2種電工+講習のパターンですね。

取得に意味はある?

ビルメンが常駐する規模の現場であれば、この資格の用途範囲外の現場が多くなりますが、それを言うならばそもそも2種電工も不要です。
ビルメンにおける電気工事士の必要性は、「一定のスキルの証明」「資格者の確保」といった面が大きいです。2種電工や電験による取得の場合、講習を受講しますので、「一定のスキルの証明」にもなりますし、現場によっては必須とされる場合もあり「資格者の確保」という点でも有利でしょう。
簡単に取れる資格でありながら、有用性はそれなりにあるものとなっていますので、取得条件を満たしている方は申請しちゃいましょう。

関連記事

ビルメン4点セット~第2種電気工事士

意外とレア資格!?第1種電気工事士について

電気のスペシャリスト!電験3種について