電気主任技術者の業務内容とは?

広告
 

電験を持っていれば高確率で条件の良い会社に転職が可能です。しかし、ビルメンへの転職を目指す方は、ビルメン未経験という人の方が多いのではないでしょうか。
そこで、ビルメンにおける「電気主任技術者の仕事内容」について、簡単にまとめたいと思います。

1.法令・保安規定の遵守

法令の遵守というと堅苦しいですが、主に点検・整備をしっかりと行いましょう、ということです。ビルメンで行う点検に関しては、日常点検・月例点検・年次点検等が主なものです。
電気主任の一番の仕事は、「停電作業」「休館日」などと呼ばれる年次点検の準備・指揮です。なかでも、年次点検の準備が電気主任の仕事の大半を占めますので、前任者や代務者と相談しながらしっかりと進めていく必要があります。
「手順書」と呼ばれる一動作ごとにチェックリストを設けたものが用意されており、当日の予定変更は原則禁止されるのが普通です。この手順書は毎年若干ずつ修正されることも多いですが、大枠は前任者がすでに作っているはずですので、しっかり引継ぎを受けましょう。
他には、電気設備の日常点検・月例点検に関して、異常があった場合に修理指示等を行います。日常点検・月例点検は電気主任自身でもやることはありますが、多くは他のメンバーで行います。月例点検分の不具合は、主に年次点検時に対応することになります。日常点検に関しては、異常が出ることは滅多にありませんので、主に印鑑を押すのが電気主任のお仕事です!

2.電気工事の監督

テナント入退去や改装などの際、電気工事が発生します。この工事に対して、「安全面」と「技術基準面」においての指導・監督を行います。施工管理経験者であれば抵抗はないかと思います。
商業施設ではテナントの入れ替わりが激しいので、工事監督の仕事も意外と多くなります。逆に、オフィスビルでは少なめですね。

3.電気保安教育

電気主任は電気について教える側の立場です。同じビルに勤める同僚に対して、電気保安に関しての知識・技能を教育する必要があります。
とはいっても、訓練等、教育の方法はすでに整備されている場合がほとんどですし、あまり身構える必要はありません。むしろ、新任の頃は先輩方に色々教えて頂きましょう。

4.事故対応

事故・その他異常時においては、電気主任技術者の判断が必要とされています。場合によっては、休日・夜間に呼び出されることもありますが、頻繁に起こることではありませんので、過剰な心配は要りません。
電気主任の評価は、この事故対応次第といっても過言ではありません。一歩間違えば多大な損失となるところを最小限に留めれば、客先の評価が上がるだけでなく、会社全体の信頼向上にもつながります。

5.測定器具類・書類の管理

電気関連の図面、書類を整備しておく必要があります。結線図・系統図・配線図・主要機器関係図・設計図・仕様書・取扱説明書等。もちろん、毎日の日常点検分の点検票も保管しておく必要があります。
また、測定器具類が正常に動作するかもしっかりと管理する必要があります。その他、必要な器具の更新・整備も必要です。
事務的なお仕事であり、必ずしも電気主任自身で行う必要はありませんが、電気主任の職務として含まれていることを意識しておきましょう。

一人で抱え込まない

さて、電気主任技術者の仕事内容を5点挙げましたが、イメージはできたでしょうか。私自身、まだまだ経験が浅いので詳細は今後書いていく予定です。
電気主任は責任ある立場なので、新たに選任されるのを嫌がる方もいますが、先輩方もしっかりフォローしてくれます。むしろ、初めは一人で抱え込まず相談するのが事故を防ぐ手段だと思います。
ビルメンに転職を考えている方、電験持ちなら間違いなく有利です。選任を怖がらず、飛び込んでみましょう!

参考図書

中部電気保安協会から、全5巻出ている本です。電験の勉強にはなりませんが、余裕があれば一読してみましょう。

関連記事

電気のスペシャリスト!電験3種について

人生一発逆転!?電験2種について

電気資格の頂点!電験1種について

広告
 

仕事に資格は必要か~資格取得のメリット・デメリット

広告
 

ビルメンは、他の業界と比較すると資格の重要性が高いです。法的に一定の知識・技術を持った資格者の選任が求められる場合が多いからです。
しかし、資格は取ればとるほど良いというものでもありません。資格取得にはメリット・デメリットが存在します。本当に資格は取っていくべきなのでしょうか。

資格取得のメリット・デメリット

●メリット●

・資格手当・選任手当が出る

単純に給料・年収が増えるという点。これが勉強のモチベーションとなる人は多いはず。
ビルメン業界では手当が出る会社は多いですが、一般的な会社では手当が付かない場合もありますね。

・就職・転職にかなり有利

学生で資格持ちならかなりのアドバンテージです。中途・未経験でも好待遇で転職できる可能性が大幅に高まります。
しかし、年齢・経験・人間性も考慮されますので、限られた時間を経験や人間性育成のために使うのも一つの手です。

・昇給・昇級に有利な場合がある

昇給や昇級の条件に資格が設定されている場合があります。
ただし、設定されるのは簡単な資格である場合が多く、アドバンテージにはなりにくいです。

・会社から「資格取得しろ!」と言われなくなる

必要な資格を揃えてしまえば、資格取得を勧められることもありません。
逆に「もう資格取らなくても良いよ」とか言われそうですね。

・能力が低くても将来性・伸びしろを期待してくれる

仕事ができなくても頭はよいはず、と思われます。
実際に頭が良いかどうかは別問題。

●デメリット●

・選任される機会が増え責任が増える

責任とかノルマが嫌でビルメンになる人は多いです。選任なんて進んでされるものではなし。
ただし、資格をもっていないとそもそも経験できない仕事ではあります。

・一部の人から目を付けられる

嫉妬・やっかみ。告げ口。あることないこと言われるなど。
でも、火のない所に煙はたたずと言います。隙のない人なら問題になりません。

・「資格持ちのくせに」「資格だけの人間」と言われる

ちょっとした嫌みを言われます。
これを言われないようにするために、継続して勉強するようになります。

・勉強時間や受験料が必要になる

貴重な自由時間をはたして資格取得に費やしても良いのかどうか。資格手当も考慮しても、時給1000円を切るような資格も存在しています。
しかし、時給10000円(生涯資格手当÷勉強時間合計)を超えるようなオイシイ資格も存在しますので、そういった資格のみ取得していくのもアリです。

・取り過ぎると一生現場員の可能性もアリ

現場には資格持ちが必要です。取得者が少ない資格の場合、後任がなかなか見つからない……という事態も。
ただし、必要とされているということでもあります。

資格をあえて取らない選択肢もある

大抵の資格は、勉強時間さえかければ誰でも取れます。それなのに、ビルメンでも資格取得に消極的な人が一定数存在しています。他業界と比較すると資格取得する人が多いのは事実ですが、ビルメンに転職してみて、「思ったより資格マニアが少ない」と感じたのが正直な所。必要性もあり、資格手当も出るのに資格を取らない理由は何でしょうか。
一番大きいのは、デメリットで書いた「目を付けられる」ではないでしょうか。本気で昇進や昇級を狙うならば、足を引っ張られる危険性の増える要素はなるべく無くしたいもの。ずば抜けたコミュニケーションスキルを有していれば問題にならないでしょうが、資格取得が得意な人はむしろ逆な場合が多いですよね。
実際、資格を持っていても隠している人も割といます。転職用に電験は持っているけど会社には隠している、という人など。あくまでいざという時の保険用に持っているだけ、というパターンですね。
でも、どうせ使わないなら「そもそも受けない」という人も一定数存在しています。会社に隠し、年収や仕事に影響しないならば、勉強時間や受験料がそもそも無駄です。知識は身に付くと言っても、資格の勉強は実務とかけ離れた場合が多いですし。

それでも資格を取る価値はある

デメリットも多いですが、私も資格を20個以上取ってきましたし、今後も取り続ける予定なので、「それでも資格を取る価値はある」と主張したいです。
一番大きいのは、「自信になる」ということ。努力してやり遂げ、結果として残るという点では、資格というのは非常に良い仕組みです。
また、比較的難易度が高いとされる資格を取得すれば、それを自分の得意分野として仕事の軸とすることができます。実際に選任され、責任ある仕事を経験することができるのは資格者の特権でしょう。昇進・昇級による年収アップと比較すればわずかですが、選任手当も出ます。
そして、会社に資格を申告することは、自分にあえてプレッシャーを与え実力以上のパフォーマンスを発揮する、という効果もあります。資格の看板を背負っている以上、その分野では負けられないため、自主的に関連知識を勉強するようにもなります。私は所持資格を会社に隠すことはオススメしません。もちろん業務に無関係な資格は別ですが、ビルメンに関連する資格はしっかりと申告し、それに見合う知識・技術を身につけるべく努力を続けるのが理想だと思います。
なにか「強み」「軸」となる資格を見つけると、資格取得も楽しくなるかもしれませんね。

関連記事

ビルメンとは?ビル設備の概要について

ビルメンは楽?待機時間と残業

広告
 

プロフィール

広告
 

崖地と申します。名前の由来は崖っぷち……特に深い意味はありません。
30歳・独身・男性。転職回数は2回。現在、電気主任技術者として系列系ビルメンに勤務。
趣味はゲームとブログ。資格取得も趣味ではありましたが、最近は勉強ペースを落とし気味。

ブログをはじめたキッカケ

私は転職を2度行いましたが、2回目の転職時、ビルメン関連のブログが大いに参考になりました。当時は4点セットも持ってない状況だったので、計画的に資格取得を行っていき、無事大手系列系の常駐ビルメンに転職できました。
今度は、私も情報発信する側になりたいという思いがありました。

楽天ブログもやってます

偶然、楽天の無料ブログに出会い、2016年11月に登録。「ビルメンテナンス(設備管理)と資格について」というブログ名で開始。楽天ブログで2か月ほど経験し、100記事を達成。
しかし、分析ツールが導入できない、カスタマイズができないなど不便を感じるように。加えて、資格に関する記事のみのブログを作りたいという思いもあり、WordPressへの移転を考え独自ドメインを取得。2017年1月移転開始、「ビルメン資格道」としてオープン。移転の際に色々いじってたらデータが破損してしまい、100記事がまた一からに。。。
過去の記事の復元は大体終了。更新頻度は少ないですが、新規記事も書いていきます。移転元はタイトルとテーマを変更し、「ビルメン崖地の雑記帳」として継続中。白猫プロジェクト・モンスト(モンスターストライク)・パズドラ(パズル&ドラゴン)等のゲームアプリ記事がメインです。
私自身は結構楽天好きなので、WordPressをメインとしつつも、楽天ブログの方も継続していこうと思っています。

今後の予定

資格の受験は年に1回程度、講習を含めても年2~3回ですので、そんなに頻繁には更新しない予定ですが、継続的にブログに手を加えて行きたいと思っています。
基本は自分で取得済みの資格の紹介をメインとしていますが、未取得でも取得したい資格や関連の深い資格については記事にしていきます。電気主任の実務的な話も、他の有名ブログのようにはいきませんが、簡単に紹介していく予定です。

色々と未熟者ですが、当ブログをよろしくお願いします~。

関連記事

これまでの転職歴について

所持資格一覧

広告
 

ビルメンは楽?待機時間と残業

広告
 

ビルメンは残業がほぼありません。
ちょくちょくある待機時間中に自分の仕事は消化できますし、シフト制なので引継ぎが終われば帰ってしまっても問題ないからです。「ビルメンは楽」と言われる大きな理由の一つです。

給料は安い。

待機時間は慣れないと逆に苦痛ですが、経験を積めば自由時間と変わらないので、少ない残業、転職が容易という点と合わせて、待機時間が多いという点もビルメンの大きな利点の一つと言うことができるでしょう。
しかし、残業が少ないという点は、残業代で稼げないという欠点でもあります。
ワークライフバランスといってもワーク=給料面が少なすぎると、ライフ=生活面にも影響が出てきます。
資格と経験を揃え大手系列系に転職すれば、年収400万台からスタートで勤続年数次第では平均年収並にはなります。
とはいえ、大手系列系は年収が上がった分、仕事も大変になります。(ビルメンとしては、ですけど)
また、商業施設などの残業が多い現場も存在していますが、いわゆるハズレ現場に該当します。楽を求めてビルメンになったのに、なぜ大変な思いをしなくてはいけないのか、と考え転職してしまう人も少なくありません。
仕事を覚えるという点では、結構良い現場のようですが。

時間は平等に与えられる

給料が高いということは、そもそも入社が難しいか、相当な激務ということになります。
ビルメンは比較的入社しやすく他業界と比較して楽な仕事なので、必然的に給料は安くなります。
残業代が少ないのも、「楽なんだから当たり前」と捉えて、プラスに考えるべきでしょう。
ちゃんと節約すれば生活できるだけの給料は貰えますし、お金のかからない趣味ならば存分に楽しむ時間があります。
時間は誰にでも平等に与えられますので、大切にしていきたいですね。

関連記事

ビルメンとは?ビル設備の概要について

そもそもビルメン4点セットって?

広告
 

そもそもビルメン4点セットって?

広告
 

ビルメン4点セットとは、ビルメンに転職するために取得が推奨されている資格のことです。
一時期は、「ビルメンは楽」という噂が広まり、ブラック企業からの脱出やセミリタイアを考える人がビルメンへの転職を目指していました。

一時期ほど「楽な仕事」ではない

現在は一時期よりビルメンの仕事も大変になり、「他の仕事よりは楽」程度になってしまっていますが、まだまだ転職を考える人は多いです。
ちなみに、新卒者は他の楽で収入も高い仕事に就けるので、わざわざ低収入のビルメンを選ぶ必要はありません。
設備が好きな場合は別ですけどね。

ビルメン4点セットの関連設備

設備の概要としては、
①電気・通信設備
②空調・衛生設備
③消防・防災設備
等に大別されるでしょうか。ビルメン4点セットでは、
①第2種電気工事士
②2級ボイラー技士、第3種冷凍機械責任者
③危険物取扱者乙4類
となります。
設備のほとんどの基礎知識が、この4点セットの取得により身に付くとされているのです。もちろん、不足する知識もあります。ですが、転職を志す未経験者であれば、この4点を持っていれば十分でしょう。

関連・上位資格も取ろう

ちなみに、他の転職希望者より一歩先にいきたいなら、消防設備士や電験3種を取得していきましょう。電験3種は科目合格でも評価されます。もし年齢が若い方なら、電験2種まで取得すれば職の選択肢が広がります。
ただし、まずは基本の「4点セット」と覚えておきましょう。

関連記事

ビルメンとは?ビル設備の概要について

ビルメン4点セットでは不足する知識とは?

ビルメン4点セット~第2種電気工事士

ビルメン4点セット~危険物取扱者乙4類

ビルメン4点セット~2級ボイラー技士

ビルメン4点セット~第3種冷凍機械責任者

ビルメンに必須!消防設備士について

電気のスペシャリスト!電験3種について

広告
 

ビルメンとは?ビル設備の概要について

広告
 

ビルメンについてご存じない方も結構いらっしゃると思います。
ビルメンとは、ビルメンテナンスの略で、建物の管理をする仕事です。清掃・警備・設備に大別されますが、このブログでは「設備管理」についての資格を紹介しています。
一般的に「楽な仕事」と言われるのは、建物の設備を常駐管理する仕事です。
では、建物の設備ってどんなのだろう?
ということについて、書いていきます。

建物の設備とは?

①電気設備

電力会社から電気を受電し、各テナントや共用部に電気を送るための受変電・配電設備、電気を使用する需要設備があります。照明設備やコンセント設備も、この電気設備の一種です。
結構、ビルメンには電気が苦手、という人が多いです。下手をすれば死ぬ危険性もありますし、単純に理屈が難しいということもあります。
ビルメン4点セットの第2種電気工事士を持っていると、それだけで強みになったりします。電験3種電験2種まで取得していると、現場で一目置かれます。

②空調設備

ビル全体の温湿度管理を行う設備です。
規模が大きいと、中央で熱を一気に生産し、各箇所に配管で送った方が効率が良いので、ボイラーや冷凍機が稼働しています。
小さいビルだと、ビルエアコンを使用していますし、家庭用エアコンを大規模にやっていると思えば良いかと思います。
結構、暑い寒いはクレームになりやすく、客先からの要望も多いです。外気に左右されますし、機械の不具合も結構多く、空調調整は特に経験が必要とされます。
2級ボイラー3種冷凍は、この空調設備関連の資格です。

③衛生設備

水道水(上水)、下水、トイレ、シャワー、給湯器、雑用水等、水回りの設備になります。
結構汚れ仕事が多い上、詰まりや漏水は対応が大変です。。。
平常時は電気や空調に比べて軽視されがちですが、非常時は水関係は重要になります。水槽内に残った水を確保する、簡易トイレを整備する等、優先度は高いです。
ビル管は、衛生設備と関連が深いです。

④消防設備

火災報知機、スプリンクラー等、消火・警報・避難のための設備です。
普段は非火災報や不具合ばかりで、手間やお金がかかるだけでは?とか思ってしまいますが、法律で設置が義務付けられていますので、管理しないと仕方ありません。
それに、ビルメンをやっていると、ちょっとした火災案件にも遭遇します。その際は、有難みが実感できるかもしれません。
危険物乙4類消防設備士など、関連資格は多くあります。

⑤建築設備

建物の機能を支える構造部分、建物の美観を良くする意匠部分など。
ビルメンで対応するのは建具関係が多いですね。ドアクローザーや電気錠の不具合、サムターンカバー破損、自動ドアの故障など、結構対応は様々です。
ブラインドの不具合も割とあります。あとは壁紙の補修とかでしょうか。
基本的に予備品や補修材などは倉庫に一定数保管してあります。

その他設備など

その他に、エレベーター等の昇降機設備、機械警備等の防犯設備、電話等の通信設備等があります。大まかにはこんな感じです。説明不足な部分もあるかと思いますが、少しでも参考になりましたら幸いです。

関連記事

そもそもビルメン4点セットって?

ビルメンは楽?待機時間と残業

広告
 

これまでの転職歴について

広告
 

●22歳:新卒で地元の電気工事会社へ入社

正直、何をする会社なのかわかっていませんでした。もう少し世間を知っていれば、別の仕事に就いていたでしょうけど。。。
まあ、ブラック企業でしたね。

●24歳:退職しニートに……

ブラックなサービス残業には慣れたものの、追い込まれた精神状態では人間関係が悪化します。もともと、コミュ障だし。。。居づらくなり、退社。
お金は使う暇なかったので1年暮らすくらいには貯まってました。失業保険をもらいつつ、資格の勉強と転職活動。
1年後、無事にとある会社の設備管理部門に転職。

●25歳:巡回ビルメンを経験

常駐ビルメンが良かったのですが。。。車の運転もペーパードライバーなんです。資格や免許って取れば良いってもんじゃないよね……。
その他にも、社用携帯紛失・社章紛失・社員証紛失未遂などが重なり、左遷が決まる。

●26~29歳:総務補助部門を経験

総務ですらない。総務もどきです。いわゆる「窓際」なお仕事。
産業廃棄物の紙マニフェスト管理、電子マニフェスト管理や、事業所内倉庫の機材管理等を行いました。
この期間の間にネットで情報収集。ビルメン4点セット・電験2種を取得、おまけで消防設備士も全類揃え、大手系列系常駐ビルメンへの転職を狙いました。

●29歳~:常駐ビルメンへ転職!

無事、希望の会社に転職できました。念願の常駐ビルメン!
後でわかりましたが、転職回数2回以内だったら、35歳未満まで入社可能だったとか。もちろん、資格や経験によっては上記制限も覆るかもしれませんので、ご参考までに。

●30歳~:電気主任として勤務!

現在、電気主任技術者として常駐物件に勤務。
常駐ビルメンとしてなので、一般的な点検や対応も行います。経験を積んで、ビルメンに転職を検討中の方へ参考となるような実務記事が書いていければ良いなと、日々奮闘中です。

関連記事

電気主任技術者の業務内容とは?

プロフィール

所持資格一覧

広告
 

所持資格一覧

広告
 

第2種電気主任技術者
第3種電気主任技術者
エネルギー管理士(試験合格のみ)
第1種電気工事士(試験合格のみ)
第2種電気工事士
認定電気工事従事者
危険物取扱者乙4類
2級ボイラー技士
第1種冷凍機械責任者
消防設備士
(特類・甲1~5類・乙6~7類)
応用情報技術者
基本情報技術者
電気通信主任技術者(伝送交換)
工事担任者(AI・DD総合種)
2級建設業経理士
防災センター要員・自衛消防業務講習
自衛消防技術認定証
防火・防災管理者
上級救命技能認定証
高所作業車10m未満
第1種普通運転免許

関連記事

プロフィール

これまでの転職歴について

広告
 

ビルメン4点セットでは不足する知識とは?

広告
 

ビルメン4点セットは、
①第2種電気工事士
②危険物取扱者乙4類
③2級ボイラー技士
④第3種冷凍機械責任者
の4点で、ビルメンになるために必要となる基礎的な資格です。4点すべて揃えてから転職する人も多いですね。

衛生関連は弱い

この4点は、電気関連・空調関連・消防関連の知識を付けるための資格ですが、それ以外にも日常的に点検・管理するものがあります。それは、衛生関連です。
ボイラーや冷凍機も水や冷媒を使用するので、多少は水関連設備の知識が付きますが、やはり空調・熱源がメインです。

衛生関連資格の代表はビル管

衛生関連資格の代表格はビル管になるのですが、実務経験が2年必要であり、未経験の転職活動者では受験できません。(内容はビル管理全般にも及び結構実務的ですので、転職前に勉強だけでもしておくと役立つかもしれません)
下水道3種や浄化槽管理士という資格もあるのですが、あまり評価されないかもしれません。
公害防止管理者(水質)に関しては、勉強時間がかかるようです。水質管理責任者になれる資格なので、オススメではあります。
もっと簡単な資格では、消防設備士甲1類があります。甲4類や乙6類と比較すると取得優先度は低めですが、水関連の設備になるので、各種水槽・ポンプ・弁・配管等の基礎知識が学べます。危険物乙4類だけでは消防関連知識が弱いので、消防設備士を持っている方がより良いです。

ビルメン関連資格一覧(簡易)

他にも関連資格として、
●電気・通信
1種電工、電験3種、電験2種、電験1種、エネ管(電気)、工事担任者、電気通信主任技術者、基本情報技術者、1級電気施工管理技士、技術士(電気・電子)
●空調・衛生
1級ボイラー技士、特級ボイラー技士、2種冷凍、1種冷凍、エネ管(熱)、1級管工事施工管理技士、公害防止管理者、浄化槽管理士、ビル管、技術士(衛生工学)
●消防・防災
危険物取扱者(甲種)、消防設備士、防災センター要員、自衛消防技術認定、防火防災管理者、上級救命技能認定、防火管理技能者
等々、
各分野には関連資格・上位資格が控えています。
4点セットをもっていれば、一応形にはなりますが、不足する知識を資格取得により補っていくのも良いかもしれません。

関連記事

そもそもビルメン4点セットって?

ビルメン4点セット~第2種電気工事士

ビルメン4点セット~危険物取扱者乙4類

ビルメン4点セット~2級ボイラー技士

ビルメン4点セット~第3種冷凍機械責任者

広告