そもそもビルメン4点セットって?

ビルメン4点セットとは、ビルメンに転職するために取得が推奨されている資格のことです。
一時期は、「ビルメンは楽」という噂が広まり、ブラック企業からの脱出やセミリタイアを考える人がビルメンへの転職を目指していました。

一時期ほど「楽な仕事」ではない

現在は一時期よりビルメンの仕事も大変になり、「他の仕事よりは楽」程度になってしまっていますが、まだまだ転職を考える人は多いです。
ちなみに、新卒者は他の楽で収入も高い仕事に就けるので、わざわざ低収入のビルメンを選ぶ必要はありません。
設備が好きな場合は別ですけどね。

ビルメン4点セットの関連設備

設備の概要としては、
①電気・通信設備
②空調・衛生設備
③消防・防災設備
等に大別されるでしょうか。ビルメン4点セットでは、
①第2種電気工事士
②2級ボイラー技士、第3種冷凍機械責任者
③危険物取扱者乙4類
となります。
設備のほとんどの基礎知識が、この4点セットの取得により身に付くとされているのです。もちろん、不足する知識もあります。ですが、転職を志す未経験者であれば、この4点を持っていれば十分でしょう。

関連・上位資格も取ろう

ちなみに、他の転職希望者より一歩先にいきたいなら、消防設備士や電験3種を取得していきましょう。電験3種は科目合格でも評価されます。もし年齢が若い方なら、電験2種まで取得すれば職の選択肢が広がります。
ただし、まずは基本の「4点セット」と覚えておきましょう。

関連記事

ビルメンとは?ビル設備の概要について

ビルメン4点セットでは不足する知識とは?

ビルメン4点セット~第2種電気工事士

ビルメン4点セット~危険物取扱者乙4類

ビルメン4点セット~2級ボイラー技士

ビルメン4点セット~第3種冷凍機械責任者

ビルメンに必須!消防設備士について

電気のスペシャリスト!電験3種について

ビルメン4点セットでは不足する知識とは?

ビルメン4点セットは、
①第2種電気工事士
②危険物取扱者乙4類
③2級ボイラー技士
④第3種冷凍機械責任者
の4点で、ビルメンになるために必要となる基礎的な資格です。4点すべて揃えてから転職する人も多いですね。

衛生関連は弱い

この4点は、電気関連・空調関連・消防関連の知識を付けるための資格ですが、それ以外にも日常的に点検・管理するものがあります。それは、衛生関連です。
ボイラーや冷凍機も水や冷媒を使用するので、多少は水関連設備の知識が付きますが、やはり空調・熱源がメインです。

衛生関連資格の代表はビル管

衛生関連資格の代表格はビル管になるのですが、実務経験が2年必要であり、未経験の転職活動者では受験できません。(内容はビル管理全般にも及び結構実務的ですので、転職前に勉強だけでもしておくと役立つかもしれません)
下水道3種や浄化槽管理士という資格もあるのですが、あまり評価されないかもしれません。
公害防止管理者(水質)に関しては、勉強時間がかかるようです。水質管理責任者になれる資格なので、オススメではあります。
もっと簡単な資格では、消防設備士甲1類があります。甲4類や乙6類と比較すると取得優先度は低めですが、水関連の設備になるので、各種水槽・ポンプ・弁・配管等の基礎知識が学べます。危険物乙4類だけでは消防関連知識が弱いので、消防設備士を持っている方がより良いです。

ビルメン関連資格一覧(簡易)

他にも関連資格として、
●電気・通信
1種電工、電験3種、電験2種、電験1種、エネ管(電気)、工事担任者、電気通信主任技術者、基本情報技術者、1級電気施工管理技士、技術士(電気・電子)
●空調・衛生
1級ボイラー技士、特級ボイラー技士、2種冷凍、1種冷凍、エネ管(熱)、1級管工事施工管理技士、公害防止管理者、浄化槽管理士、ビル管、技術士(衛生工学)
●消防・防災
危険物取扱者(甲種)、消防設備士、防災センター要員、自衛消防技術認定、防火防災管理者、上級救命技能認定、防火管理技能者
等々、
各分野には関連資格・上位資格が控えています。
4点セットをもっていれば、一応形にはなりますが、不足する知識を資格取得により補っていくのも良いかもしれません。

関連記事

そもそもビルメン4点セットって?

ビルメン4点セット~第2種電気工事士

ビルメン4点セット~危険物取扱者乙4類

ビルメン4点セット~2級ボイラー技士

ビルメン4点セット~第3種冷凍機械責任者